私はADHD

私が初めてADHDという診断を受けたのは中学生の時でした。

中学の時の私は集中力がなく、授業中なのに周りの人に話しかけて邪魔してしまったり

授業が嫌で学校にはいるのに授業には出ないで学校の中を歩きまわっていたり

忘れ物も多く何度言われても忘れてしまったりしていました。

 

そんなことを毎日していたら、ついにその時私の担任をしていた先生に

病院へ行くように面談で言われてしまいました。

後日病院に行き何度か話したりしたあとにテストをしました。

内容はもうあまり覚えていないのですが、簡単なパズルのようなものをやったのは覚えています。

そのときの私はなぜ病院に連れてこられたのかわからなかったし、

他の人とは違うのだろうかと不安にもなり悲しくもなりました。

 

当時の私はよく周りの人に話をちゃんと聞きなさいとか、今だけでいいからしっかり集中しなさいとか

周りで音がなったり物が動いたりするとどうしても目で追ってしまう私に対して

なんですぐに集中力が切れてしまうのかとよく怒られていました。

 

ですが逆のこともあって私は音楽と生物が好きだったのですが、

一度音楽や生物の中でもすきな分野のものを見てしまうと思わず集中してしまって

気がついたら約束なども忘れ夜になっていたりと集中し過ぎてしまうこともあり

そうゆうときには友達にも怒られていました。

 

そんなことなどがあり私はどんどん周りとは違うんだと思うようになりました。

高校は特別支援学級があるようなところに通おうかという話が出たりもしましたが

それは周りとは違うと言われているような気がして

これ以上逸れたくなくてなんとか説得して断りました。

 

親も私に対してはいつもイライラしていて妹にはにこにことしていました。

それもまた辛くて、私も邪魔したくてしているわけではなかったですし、

話を聞きたくなくて聞いていないわけではないのです。

無意識のうちに目をそらしてしまっていたり、つい話しかけてしまっていたり、

本当に無意識での行動なのです。

 

理解はしてもらいにくいというのはわかっていますが

わざとそういった行動をしているわけではないということをわかってほしいです。

自分の産んだ子どもなのだから親くらいには存在を認めてもらいたいのです。

 

ADHDは好きなことや興味のあることには集中し過ぎてしまいます。

もし親が認めてくれてそうゆう私の好きなことや興味のあることを伸ばそうと

協力してくれていたならよかったのにと心の底から思います。

そうでなくてもせめて普通の人と同じようになんら変わらない態度で接してほしいです。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL