私の姪が発達障害です。

はじめに私の姪が発達障害です。

この事実を受け入れるのに家族で時間がかかりました。

 

みんながやっと受け入れて前に進もうとし始めたのは、

検査で指摘されてから2年はかかりました。

その間に浮き沈みが激しくて

「もしかしたら、なにかの間違いじゃないのかな。

こんなこともできるのだから普通に子に追いつけるのかも」

淡い期待を抱いていました。

 

しかしやはりこの子は違うんだという現実を突きつけられておちこんだり、、

本当に苦しかったです。

この体験を読んで少しでも悩んでいるご家族のためになれば良いなとおもいます。

 

 

1、産まれた時

姪は私の姉の子です。

姉が妊娠中に離婚してしまい、うちの実家で暮らすことになりました。

初孫だったので両親もとても喜んでいました。

少し早く産まれた姪ですが、体重は2800gあり一安心しました。

 

私は初めて赤ちゃんを抱かせてもらいました。

その時違和感がありました。

「え、、グニャっとしてて抱きにくい。落としてしまいそう。」

私は慌てて姉に姪を返しました。

赤ちゃんってこんなに抱っこしずらいのかなと疑問に思いました。

 

のちにわかったことなのですが発達障害の子は体感が弱くて

赤ちゃんの頃からグニャグニャしている子が多いそうです。

 

 

2、夜泣きがひどい

とにかく夜泣きがひどかったです。2歳頃まで続きました。

オムツでもミルクでもない。ただないているだけ、、、

家族全員疲れ果ててしまいました。

家族で話し合い、その日の当番を決めてそれ以外はみんな離れで寝ていました。

 

 

3、1歳児半健診

歩き始めたのは一歳半健診の少し前でした。

遅かったのでみんなで心配していました。

一歳半健診の事前問診でできない事が多いのに気がつきました。

 

・発語が無い

・なまえをよんでも振り向かない

・指さしをしない

・人見知りをしない

できないことの方が多かったです。

 

案の定健診で保育士さんに臨床心理士の面会をした方が良いわれました。

姉は泣いていて、父は怒っていました。

私は口に出さなかったけど、やっぱりなと思ってしまいました。

 

 

4、検査を受ける

臨床心理士さんの問診を受けて、

おそらくなんらかの発達障害の疑いがあると言われました。

しかし一歳半ではまだ断定はできないらしく

教室に通いながら様子を見ていきましょうと言われました。

 

教室に通い始めてからは、指さしや落ち気が出で来て私たちはホッとしました。

しかし三歳過ぎた頃に、姪は発達障害の確定診断を受けました。

その日は家族全員で泣きました。

 

あんなに可愛いのに、、なんで?受け入れるのにはすごく時間がかかりました。

姉は鬱になってしまい、姪のお世話は私と母が交代でしました。

姪は騒いだり暴れたりはしなかったので、お世話自体は楽でした。

でも3歳になってもほとんど会話は成り立たなく一方通行な発語のみでした。

オムツも外れるのが遅かったです。5歳でやっと外れました。

 

姪は今は6歳になり、支援のある幼稚園にかよっています。

小学校も支援学校を検討しています。

姉がまだ鬱で通院しているので、主に私が姪の面倒を見ています。

まるで自分の娘だなと思っています。

 

発達障害の子をみるのには、沢山の周りの支援が必要なのだと思っています。

一人で悩まずに誰かに手を貸してもらうべきだと私はおもいます。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL