発達障害の厳しい壁

私の息子が発達障害と診断されたのは2歳6ケ月の事でした。

3月生まれというのもあり喋るが遅いのかなと思い

近所に同年代のお子さん達もいなかったので2歳の時に体操教室に習いにいかせました。

本当にびっくりしました。

皆すごく喋っています。

 

はっきりいって慌てました。

すぐに病院にいきまずはMRIで頭の検査をしました。

結果は「異常なし」

ほっとしましたが、ではなぜ喋れないのか原因がわかりません。

 

すぐ先生から言われました、「自閉症です」と。

頭がまっしろになり何をどうすれば良いのかいろいろ説明を受けましたが、今も何も覚えていません。

 

主人に説明し「発達障害とは何か」

自分達でなっとくいくまで専門書を読み理解しようとしましたがやめました。

理解する事も大事ですがこの子の未来の方がもっと大事。

プロの言う事を聞いて長い目でみていこうと。

 

それに親にしかできない事もある、まずは幼稚園に入園させよう何か変わるかも知れない。

そのような気持ちで幼稚園を探しますが面接までいったならましなほうで

だいたいは電話で説明しただけで「喋れないと他の子ども達とコミュニケーションとれないから」

という理由でことごとく断られました。

 

でもあきらめず地道に言語の訓練や児童ディサービスにお世話になりながら

とにかく受け止めてくれる幼稚園を探しました。

幼稚園探しに2年を費やしましたようやく受け入れてくれる幼稚園をみつける事ができました。

感謝の一言です。

 

その幼稚園は受け止めてくれただけあり何もできない息子をつきっきりで面倒をみてくれました。

そのかいあって幼稚園に通い始めて1年目に人とコミュニケーションがとれるまでの成長をみせました。

奇跡の出来事です。

 

喋れないとコミュニケーションがとれない、これは嘘です。

喋れるとコミュニケーションがとれやすいだけで喋れなくても息子のまわりには沢山のお友達がいます。

幼稚園に入園までの2年間は今思うと教育者と呼ばれるような方から

つらく悲しい言葉を浴びせられた時も多々ありました。

それでも息子とかかわりを持ってくれている先生方が一丸となって

息子の未来にいくつかの選択肢をつくってくれました。

私達両親が途中であきらめていると

今日この日のもなっかったとでも諦めず頑張っていると必ず光が差し込みます。

 

ただ1つだけ後悔をしている事があります。

2歳になる前に「おかしいな」と思った事がありました。

でもその事をうやむやにしていたと思います。

おかしいと感じたならすぐ行動すぐ解決です。

何でも早めの対処に損はありません。

 

今発達障害と診断されいきずまっている方がいるならば

諦めずに頑張っていると必ず手を差し伸べてくれる人がいます。

安心して下さい。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL