発達障害だと気付いたタイミング

息子が産まれた時、産院にいる間もよく泣く子供でした。

新生児室で泣いている赤ちゃんを見ると息子でした。

 

2日目から母子同室になって、息子は泣いて泣いてずっと抱っこして、

特に夜中に何度も何度も泣いて一日で私の目の下はクマだらけでした。

周りの子達がなんとなく楽そうに見えました。

 

退院してからもよく泣く子供だなぁと一人目なので、

赤ちゃんって何て大変なんだろう、世の中のお母さん達は本当に大変だなぁと思っていました。

寝かしつけが本当に大変で、ミルクと母乳を飲んで寝たと思ったらまた泣いて起きて、

自分はなかなか寝られないし、寒い日だったので、

自分は風邪を引いて熱を出して、あの時は辛かったです。

 

里帰り出産を終えて、住んでいるアパートでの私と赤ちゃんとの生活が始まりました。

近所で妊娠中からの友達と、家で遊ぶ様になりました。

友達の赤ちゃんはよく寝る子で、友達は楽だ楽だと言っていてこんなにもうちの息子と違う物かと、

唖然と同時にうらやましいのもあって、この時は友達の赤ちゃんが

大人しすぎて変なのではないかと思うほどでした。

 

赤ちゃんの頃は公園遊びがとにかく大変で、すぐに脱走してしまい、

まだ歩けたばかりなのにジャングルジムの上の方に上ってしまったり目が離せなくて、

ここでも周りのママさん達は、子供を見ながら余裕で談笑してるのに、

うちの子は元気すぎるんだなと思っていました。

 

幼稚園に入園して、最初の運動会ではダンスが滅茶苦茶でした。

元々ダンスや歌をうたうのが苦手だったので、好きじゃないんだなと思っていましたが、

他の保護者の目もあるし、恥ずかしい思いをしました。

 

年中さんになって、本当に何か息子が変なんじゃないかとまずは、

他害が多くあったので、その事に大変悩んでいてなんとか止めさせないとと、

調べたり、周りに相談していました。

ネットで調べると、出て来るのが「発達障害」でした。

読み進めると、アスペルガー症候群や注意欠陥障害という言葉が出て来てじっくり読むのですが、

どれも息子には当てはまらない気がしていました。

 

ちょっとドキッとしたのが、発達障害の子は夜泣きをする子が多いという項目でした。

幼稚園時代、他の子と違う思いをかかえながらモヤモヤした思いをかかえて、小学校へあがります。

 

小学校では、しばらく大人しかったのですが少したつと担任から、落ち着きが無くなってきています。

と言われる様になりついには、息子が学校でパニックになり暴れたと呼び出されました。

正直、やっぱりという思いがあったものの息子に内緒で、学校での様子を見に行った時に目を疑いました。

息子だけ違う事をしている。絵を描いている。立ち歩いているんです。

ここまでくると腹をくくりました。息子は発達障害なんだと思いました。

泣きました。毎日。

でも病院へ行きました。

そこで初めて「発達障害、注意欠陥障害の疑い」と診断されました。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL