天然と言われ愛されていた友達、実はADHDだった

高校生の頃、親友が発達障害(ADHD)でした。

実はその友達が発達障害だということに気付いたのは、

友達の親でもなく、兄弟でもなく、先生でもなく、私なのです。

 

私は高校生の時点で発達障害の知識がありました。

高校生で、ボランティア部に所属したことをきっかけに、様々な施設へボランティアへ行き、

発達障害の子どもと関わったり、発達障害について学んだりしたからです。

 

私の友達が発達障害だと気付くまでに、2年以上かかりました。

一見個性的で人と違った思考回路を持っているので、

一緒にいて面白いなぁと感じたのと、家が近いことをきっかけに仲良くなりました。

家が近いからいつも登下校を共にしていたのですが、

この登下校時に何かがおかしい、と感じるようになったのです。

 

まず、高校へ登校するときにいつも待ち合わせをするのですが、

いつまでたっても待ち合わせ場所に友達が現れないのです。

電話をすると、「待ち合わせ場所にたどりつけない」というので、このままでは遅刻すると思い先に行きました。

結局一時間近く遅刻して教室に現れた友達。道に迷ったそう。

入学したてだからと、道に迷うのも仕方ないと思っていましたが、何日経っても道を覚えないのです。

 

それだけではなく、毎日忘れ物がとにかく多く、授業が始まってからも数分間、

カバンの中をごそごそ、ごそごそと何やらさがしているのです。

 

一番大変だったのは、下校時でした。

自転車をおいた場所が分からない、と言って、毎日数百台ある自転車の中から一緒に探し出すのです。

学年別に自転車を置く場所は決まっているのでそこまで時間はかかりませんでしたが、

置く場所を決めたら?と提案しても、提案されたことを忘れるのです。

 

やっと自転車が見つかっても、ここからがまた大変。

今度は自転車の鍵が見つからないのです。

カバンの中をごそごそ探し、全ての荷物を出し、全てのポケットを出し…

カバンの奥底から出てきたこともあれば、着ている服のポケットにはいっていたことも。

カバンにはなく、靴箱に入っていたり、教室に置いたままだったりしたこともありました。

 

鍵を入れる場所はこのポケットって決めたら?と提案するも、

そのことを忘れてしまい、結局毎日、毎日自転車と鍵を探すのです。

一時間近く探したこともありました。

 

この状態が一年ほど続いた時点で、皆その友達のことを、

かなり個性的で変わっていて面白い、

というふうに見ていたので、友人関係は良好でした。

 

しかし2年ほど経った頃に、あまりにも忘れ物や物忘れがひどく、

遊ぶ約束をしていたのに待ち合わせ場所に現れず、

電話で「待ち合わせ場所にたどりつけない」と言われ、説明するも結局来ることが出来ず、

喧嘩になってしまったことがありました。

 

この時深刻だったのは、私よりも友達の落ち込み具合でした。

みんなは友達のことを個性的だとか、天然だとか、面白いと言ってほめるけども、

友達は真剣に悩んでいたのです。

一日の大半を探し物の時間についやすから。

 

この喧嘩をきっかけに、友達がずっと悩んでいたこと、

忘れ物をしたくなくて色々工夫したけれど、治らないこと、

物忘れがひどく、無くし物が多いこと…

色々話を聞いているうちに、ボランティア部で学んだADHDが頭に浮かびました。

言いにくかったけれど、そういうのがあるんだよ、という話をしました。

 

友達はその日に自分の両親へ打ち明け、幸い理解ある両親で、病院へ行き、ADHDの診断を受けました。

それからは、毎朝友達は母親と一緒に持ち物の確認をして、

私が友達の家に迎えに行き一緒に学校へ行き、

自転車をおいた場所と鍵を入れた場所を一緒に覚えて置く、

という対策をとり、少しは生活しやすくなったようでした。

 

ちなみに友達は、絵の才能が素晴らしく、高校卒業してからは、個展を開いたり、挿絵の仕事をしたり、

実際にその絵が雑誌に載ったりなど…持っている才能を開花させています。

 

一度だけ、友達の障害を利用して絵を描いてもらったのに給料をわざと出さずにいた会社がありました。

友達は給料を受け取っていないことをすっかり忘れて半年以上もたち、

私が指摘してやっと思い出し、受け取ることができたのです。

 

大人になってもうっかり忘れてしまったりなどはありますが、

自分の得意分野を精一杯出し切った生活をしていて、毎日充実している様子です。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL