可能性は無限だよね。

今から思うと、長女を出産したその日から、おやっ?って思う様な違和感を感じた気がします。

20代前半で長女を出産しました。

身体はとても元気で何の問題もなく産まれてきてくれて、一安心しました。

 

出産の次の日から母子同室が始まりました。

私は初めての赤ちゃんのお世話にオロオロしていましたが、昼間は割とスンナリお世話が出来ていました。

夜になって病院内が静かになって、たまに赤ちゃんの泣き声が聞こえる程度だったのですが、

長女は頻繁に大号泣するのです。

何をしても泣き止まないくらいに大号泣して、

ナースステーションから助産師さんや看護師さんが様子を何度も見に来ていました。

入院中あまり夜中泣くので、私の体力を心配して赤ちゃんをナースステーションで預かってくれる日もありました。

 

退院後は夜は泣くと抱っこで寝てくれる様になりました。

ただ昼間は常に抱っこしてないと泣いてしまい、

昼寝の間も何時間でも抱っこしてないと泣いてしまっていました。

あまりにぐずるので、おしゃぶりを与えたら気に入って、

おしゃぶりがあれば、どんな状況でも落ち着いて、1人で布団で寝れる様になりました。

きっと精神安定剤の様な存在だったのでしょう。

結果的におしゃぶりはその後4歳まで愛用していました。

とにかくぐずりが多く手のかかる赤ちゃんだったのですが、

1歳を過ぎると喋る様になり、言葉も早い方で歩くのも遅くはなく、気になる事も減っていました。

 

ただ私への執着が激しく、何でもママがやってくれないと嫌で、

例えばお茶を誰かが入れてくれても、ママじゃないとダメ!と言って入れなおさせたり、

靴や上着を誰かが着せようとすると、凄く拒絶したりしていました。

 

決定的に、この子何か違う様な気がすると感じたのは、3歳で次女が産まれてからでした。

次女が産まれたその日から、赤ちゃんのお世話のし易さにビックリしました。

2人目だから慣れてるからとかではなく、本当に赤ちゃんのお世話が楽だったのです。

そしてその頃からこだわりが強くなりました。

 

赤ちゃんはママの赤ちゃんだから触ったらダメって言ったり、

階段の登り方を間違えたから、最初から登り始めるって言ったり、

アニメを見ていてセリフを聞き逃したから巻き戻せって泣き喚いたり、

歯磨きをするのに、歯磨き粉の付き方が気に入らなくて、何度も付け直させて1時間かかったり。

 

さすがに手がかかるし、癇癪を起こした時の目付きが異様だったので、

小児の心療内科に連れて行きました。

結果は広汎性発達障害。

やっぱりか…と落ち込む気持ちより、はっきり分かって良かったって気持ちの方が強かったです。

 

その後幼稚園に入園しましたが、玄関に入るだけでも何ヶ月もかかり、

朝登園して給食を食べて帰って来るまでに、9ヶ月以上かかりましたが、

幼稚園の先生方の協力で通える様になりました。

 

学校も通常の小学校に入学し、1、2年生の時は、学校行きたくないって朝泣いて送って行ったりしましたが、

5年生の今は、そんな事もなくなり、元気に毎朝登校します。

お勉強は確かに凄く努力して、やっとついていってる感じもするけど、本人は一生懸命勉強頑張ってます。

お友達ともうまくやっている様です。

時々つまづいたり悩んだり、これからも沢山あると思うけど、ずっと支えていってあげようと思います。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL