依存症?いえいえ自閉症。自分の抱える発達障害

私は軽度の発達障害を持っている。

小学校入学前からトラブルを起こし兆候を持っていたと思われるが、

昔は発達障害と言うものの認識がなく

「ただの変わった人」というレッテルを貼られて高校卒業まで過ごしていた。

 

自分の発達障害の程度が軽度であったこと、

また発達障害と言う言葉自体が認識がなく

病院に行って直すほどでもなかったなどの理由で

28歳までは病院に通うことなく普通に(仕事上のトラブルを抱え少し休養取ったりもしていたら)

いわゆる健常者としての人生を送っていた。

 

28歳になり、仕事上のトラブルが原因で少し体調崩したために病院に通うことになった。

当初は普通の病院(外科や内科)に通う予定であったが

結局心身の心のほうに問題があると言うことで精神科に通うことを勧められた。

 

精神科の診断、昔の医者の風習なのかしれないが統合失調症と診断された。

その後、今の時代でちゃんと診察されていたなら統合失調症の薬は投与されずに

発達障害の薬を投与されていた可能性が高いと思われる。

 

結局、自分の勤めている職場(自分の実家の精肉店)の倒産や

統合失調症の薬副作用による情緒不安定、

またそもそも発達障害(後に記載)の治療全くしていなかったなどの理由が重なり、

家でパニックを起こし精神科に入院することになってしまいました。

 

1回退院しても、再び入院を繰り返し。

これが約5年続きました。

 

転機になったのは、主治医が変わり自分のカルテを再び閲覧した際に

この薬は不必要と判断されてどんどん薬を減らすことになり、

また薬を減らしても発達障害の症状が抜けてないと言うことで、

病名が統合失調症から発達障害に変わりました。

 

薬が減ったことで自分の本当の障害がわかってきました、

もともとギャンブルの依存症が激しく病的賭博の診断を受けていましたが

常習的にギャンブルに走るのではなく少しトラブルが起きた際にギャンブルに走ること

また一つ一つのことにこだわりが強く非常に頑固な性格は普通の生活に支障をきたすと言うことで、

今で言う自閉症スペクトラム。

また落ち着きがなくちょっとしたことにも反応が過度になる、

すぐ話に割り込んで、言わなくてもいいことを言うことが多かったので

注意欠陥性多動障害(ADHD)が正しい診断と思われます。

 

主治医の先生は直接病名を本人すなわち自分にあまり言わないタイプの先生なので

若干自己判断もありますが、会話の雰囲気からせたりするとどうもそのようです。

 

現在は、薬自体が頓服と睡眠薬のみの薬2錠ほど。

家族とはしばらく離れ一人暮らしとアルバイトとリハビリとしてデイケアを併用し暮らしています、

たまに心身の疲労から入院もしていますが

最初の診断より徐々に良くなってきて快方に向かっていると思われますし、

周りにもよく言われます。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL