わが子の発達障害について

私の子供は今年で5歳になります。

2歳の時、友達の子と何か違うなと気付き始めました。

心の中で「まだ2歳やしなぁ」という気持ちがあった為、

あまりその違いに神経質になる事もなく気にせず過ごしていました。

 

主に気にしていたのが言葉です。

周りに相談しても「焦らんでも大丈夫」と必ずといっていいほどその答えが返ってきていたのです。

でも「まま」ともあまり呼ばないんですね。

思いが伝わらないから、子供が泣き叫び方や怒ると物をなげるなど、

手におえない事がすごく日々あったのです。

 

保育所に入る事になり、周りの子と比べる機会が増えてきて、気になるようになりました。

よく保育所に入ると周りの友達の影響で言葉も増えるとか聞いていたので、

とりあえず経過を待とうと思い待つ事にしました。

保育所で生活発表会といい、劇とか歌を歌うという行事があり、

初めて子供の晴れ舞台を見に行ったときに衝撃を受けたのです。

私の子は歌が歌えなかったのです。

 

保育所に入り確かに言葉は増えていきました。

それまで言えなかった事が言えるようになっていた事もあり単語ではありますが、

日常では不便が少しずつ減っていってたのです。

だから安心していたのですが、団体で歌を歌うというところを見たのはもちろん初めてだった為、

その光景が結構衝撃だったのです。

 

本人は一生懸命歌っているつもりなのですが、

第三者の目から見ると「キーキー」言っているようにしか聞こえないという状況。

これではダメだと思いました。なぜかというと、その時で子供は4歳です。

後2年ほどで小学校に入るわけですよ。

 

後、私が悩んでいたもう一つは周りの言っている事を理解できないという点でした。

私が何を言っても子供はいつも「?」って感じだったのです。

それで保育所の先生に相談し、言葉の訓練をしてくれるところに通う事にしたのです。

今は結構そういった事で支援してくれるところがあり、お金もかからず通えるところもたくさんあります。

少しずつでいいから、みんな同じ状態にもっていってあげたいという事が大きな理由でした。

 

私は病院には行っていません。

それなりの専門医にいけばどういった発達障害なのかはわかるのですが、

病名をつけらるのは嫌だったのです。

 

訓練を通うようになり気付いた点は、

「大きい、小さい」や「赤、青、黄色」などといった事が全くわかっていなかったのです。

訓練所の先生に言われたのは

「この子は自分発信はできるが、周りからの発信に答える力がまだない」とのこと。

なので、今はそういった初歩的な事ではありますが、少しずつながら勉強をしていっています。

 

今はいじめが多い世の中です。

この子が小学校にいったとき、いじめの対象にならないように、

みんなとコミュニケーションをちゃんととれるように、

今のうちに対処してあげなければいけないと思っています。

 

小学校でも勉強についていけない子には先生がついたりと出来たり、

そういうクラスや学校もあるそうですが、

私はみんなと同じようにさせてあげたいという思いが強いため今できる事をするようにしています。

 

今は家族みんながこの子の状況を理解し、会話一つ難しいけれども、周りと比べない。

この子のいいところだと受け入れて毎日普通に楽しく過ごすようにしています。

小学生まで後1年程しかありませんが、まだ「大きい、小さい」の違いがわからなかったり

他にもこの子なりに理解するのが難しいところはあるみたいですが、

日常生活の会話から、意識しこの子に負担にならないように今は日々過ごしております。

 

発達障害だとわかったとき、ショックを受ける親はたくさんいると思いますが、

それはその子のただの個性だと思います。

受け入れる事で心に余裕も出来ますし、ゆっくりマイペースに一緒に頑張っていきましょう!!


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL