わがままと言われた息子が自閉症スペクトラムと診断されるまで

一歳半健診で言葉が遅いと指摘され「早く集団生活に入れてみてはどうか?」

とのアドバイスに、姉と同じ幼稚園に通いだしたのが、2歳半の時。

姉もそんなに言葉が早くでたタイプではなかったので、

集団生活に入り、刺激を受ければ言葉が増えるだろうと考えていました。

 

しかし、幼稚園生活は順風満帆には進みませんでした。

「みんながお外から部屋に戻っても一人戻ってきません」

「制作の時間なのにやらずに寝ころんでいます」

など、幼稚園生活に慣れれば、次第に理解できてやれるようになるだろうということが、

いつまでたっても、出来るようになりませんでした。

 

3歳になった時、幼稚園の先生に

「言葉もなかなか増えないし、感覚過敏なところがあるので、発達障害ではないか?と心配しています。

どう思われますか?」と質問しました。

すると「~くんは、話せなくても理解はできていることもあるし、

他の子が出来ないことも自分で出来ることもあります。

ただ、やらなくてはいけない時間、タイミングで出来ないだけです。

悪くいえば、やってあげすぎのわがままです。」

と返答されました。

 

幼稚園でできないことを聞くたびに、家では幼稚園に合わせてやれるように教えてきました。

家では出来るのに、幼稚園で力を発揮することができませんでした。

 

そんな何か腑に落ちない気持ちのまま、年少になりました。

でも年少になっても同じようなトラブルばかり続きました。

精神的にも追い詰められていた私は、ネットで検索して、市の発達相談サポートにたどり着きました。

そこで、臨床心理士の簡単な発達検査を受け、言葉に関しては1歳半位の遅れがあると指摘され、

行動からも発達障害が疑わしいので、療育を受けるようにアドバイスを受けました。

そしてその後、同じ悩みをもつたくさんの親子の存在を知りました。

 

療育へ通う必要な手続き、面接などを経て、相談から4か月後に療育へ通い始めました。

それと同時期に、発達の専門医を受診し、

発達障害の一種である「自閉症スペクトラム」という診断名がつきました。

今まで思っていたうまくいくこと、いかないことをメモしてすべて相談しました。

そのほとんどが「自閉症スペクトラムの典型的な特徴であり、

お母さんの育て方が悪いわけではないですよ」という言葉で返ってきた時、

診断を受けたショックよりも、これから進むべき道が見えた気がしました。

 

知識のない人からみたら、「変わった子」「わがまま」などに見られてしまうことが多いので、

周囲に理解してもらうことが、生活する上でとても重要になってきます。

そして特徴を理解し、導いてあげることで、あれだけ悩んでいたトラブルが減ってきました。

当然幼稚園の先生の協力も大きかったと思います。

 

もし、「うちの子は発達障害ではないか?」と心配するなら、療育に通うことをお勧めします。

発達障害の子ほど「正しい子育て」が必要となります。

その情報を得るにも、療育という場で自分自身も学べると思います。

決して発達障害が悪いのでなく、発達障害であるのにそれを認めず、

無理に「普通、平均的」に育てようとすることが問題です。

 

「発達障害」でネット検索し、違うところばかりを見つけて、自分を安心させるよりも、

早く行動を起こすべきだと思います。

私のように悩んで過ごした時間を療育に使えていたら…と後悔するでしょう。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL