軽度発達障害の子とその親がするべき事

発達障害の中でも軽度発達障害というものがあります。

そしてその軽度発達障害というものは、

医学範囲での話であり、現実的に目の当たりにしていると

軽度には思えない障害もありますが、

学習障害や注意欠陥多動性障害、高機能広汎性発達障害、

発達性強調運動障害や軽度知的障害などが挙げられます。

 

特徴として、軽度発達障害を持つ人は、人との距離がとりにくいというところや、

感情が激しすぎるという見た目にも表れてわかりやすいところ、

心理的な人の気持ちが理解できないというところや、

環境に適応するのが難しいというところ、

忘れっぽく計画性がないなどの特徴があるとされています。

 

また、自分の子供がこれに当てはまるかもしれないというような疑問を抱く場合には、

できるだけ医学的信用度の高いサイトでのオンラインチェックをしたり、

定義や判断基準についての知識を蓄えておく必要があるので、

自ら学ぶ姿勢を持って子育てに臨む必要があります。

 

また、個人でどうしても判断ができない場合には、学校や専門医師と相談をし、

発達障害の中でもどのようなものであるのかなどを知る必要があり、

適した育成をする必要がありますので、疑わしいと思う場合には、

親から子へそういった意識をし、接する事が重要となり、

正しい教育によってリハビリなどを行い、将来子供が困らないように育成するという意識が大切です。

 

最近ではそういったトレーニングを行う事が可能な場所も多いので、

うまく活用して養育者としての成長をする事が求められます。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL