発達障害者支援法により早期発見が可能

教育現場ではADHDと呼ばれる

注意欠陥多動性障害や

LDという学習障害と考えられる子どもたちがいます。

 

昔は学校において集団生活ができなかったり、

授業中に落ち着いて勉強ができない子どもたちは

本人の努力不足と判断されてしまいがちでした。

 

しかし、最近ではADHDやLDという言葉が一般的になりつつあるので

教師側もそれらの症状を前提に適切な対応ができるようになっています。

 

このような取り組みを加速させたのが平成17年に施工された発達障害者支援法です。

生まれつきの障害であるADHDやLDというそして高機能自閉症などを早期に発見することで、

該当する子どもたち一人ひとりに適切な教育を施すことができるのです。

 

現在では一部の自治体で早期発見の取り組みをしていますが、

まだまだ不足している状況にあります。

問題点として挙げられるのは保護者が診断をして欲しくないと拒絶する場合があるのです。

 

ADHDという症例が精神科医や教育者の中で認知されはじめた

10年以上前にも同じようなことがあったのですが、

障害と診断されることによって子どもたちの将来に閉ざされてしまうと考える保護者が多いのです。

 

たしかに、保護者としては心配するかもしれませんが、

ノーマライゼーションといって教育の現場では障害を抱えた子どもも

健常者の中で一緒に生活をするというのが一般的になっていますので、

発達障害者支援法により早期に診断を受けて適切な教育を受けられたほうが子どものためになります。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL