発達障害者のできる仕事を探す

発達障害とは、

自閉症をはじめとする広汎性発達障害や

注意欠陥多動性障害や学習障害などがあります。

先天性の脳の機能障害です。

 

発達障害の人は、他人との関係づくりや、

コミュニケーションをとることが苦手です。

しかし、人並み外れた優れた才能を発揮することもあります。

そのようなアンバランスな様子は、周りから理解されづらい障害です。

しかし、そのような障害があっても、いずれは自立して生きて行くことが必要になってきます。

 

そのためには、子供のころからの、将来の自立に向けた適切な対応が不可欠です。

親の観察、気づき、適切なサポート。

そして周りの人の、発達障害に対する理解が必要です。

自閉症の人は、自分の興味や関心が向くものに対して、

抜群な集中力を発揮することがあります。

人とのコミュニケーションは苦手でも、本人の得意とする分野で働く事は可能です。

 

何に興味をもっているのか、何が得意なのかを知る事が、

本人はじめ周りの人も重要です。

 

例えば、一定の決められた行動を繰り返し行うような作業は、

自閉症の症状である、同一性を好むという部分で繋がります。

ライン作業やタイプライターなど、本人の得意とする職業に繋げて絞っていけば、

できる仕事が見つかります。

 

もちろん、まわりの人の理解は必要となります。

コミュニケーションを必要とする、接客のような仕事は、

比較的向いていないかもしれませんが、発達障害者ならではの、

適職に就くことで、社会に出て自立して生きていく事ができます。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL