発達障害グレーの子の接し方

私は連れ子のいる男性と結婚して、初婚で継母になりました。

連れ子の長男が小3、長女が年長の時でした。

 

その当時は、長らく交流していない世代の小学生の子供を相手にするのは新鮮だったのですが、

徐々に長男の異変に気づき始めました。

 

とにかく奇声がひどく、やかましく、慌てるとパニックになり、

人並みのことが出来ないくらい不器用だったり、

そして遊びはいつもトミカを並べて走らせること(これは中学生まで続きました)ばかりでした。

 

当時は私自身、発達障害ということも詳しく知らず、なんかおかしな子だなぁと思っていました。

それがたまたま小4に上がった時の担任の先生に、

発達障害のことを言われ、初めてそのことに気づきました。

 

こども相談センターに知能テストを受けに行かされましたが、

知能的には全く問題がなく、しかも医師ではないため診断が出来ないと言われ、

高校3年になった現在に至るまでグレーゾーンのままです。

 

主人に生まれた時のことなど聞くと、やはり育てにくい子で本当に大変だったとのことでした。

歩き出しが2歳近く、喋りも遅かったようでした。

主人もアスペルガーなど疑ったが、受け入れたくなく、

病院に連れて行くなどといった対応は全くして来ませんでした。

そのため怒られることが多くなり、長男は自信を失ってしまいました。

なので、今は怒られると言い訳ばかりで、自分から聞くことも出来ない大人です。

 

もともと読解力、説明力に乏しく、会話が成立しないことが我が家では日常茶飯事です。

高校に入学してから、一度も友達と遊びに行ったことがなく、いつも直行直帰です。

 

妹も兄の異変に気づき始め、全く兄を兄だと思っておらず見下してしまっています。

そして兄をコミュ障なんじゃないかと言うようにもなりました。

 

最近では、やはり発達障害の事も言うようになっています。

やはり普通に見るとおかしな子なんです。

私が思うには、親も全てを受け入れ、子供にもカミングアウトして

一緒に乗り越えて行くことが非常に大事だと思います。

それが我が家では全く出来ておらず、長男もきっといろいろと葛藤があるのだろうと思います。

 

何も対応して来なかったことに、私は後悔していますが、主人はどう思っているかはわかりません。

この先就職など、さらに壁が立ちはだかっています。

無事に就職できるのか不安です。

面接での受け応えなど大丈夫なのか、就職後は仕事ちゃんと出来るのか、本当に悩みはつきません。

 

我が家は失敗例だと思いますが、

発達障害はみんなで乗り越えていかなければならないと実感しています。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL