発達障害の治療

発達障害は、生まれ持った脳の働き方の違いですから、

発達障害を予防したり、完治させる治療法はありません。

 

薬物療法にしても、行動療法にしても、

対症療法であって、根本治療にはならないのです。

 

「発達障害」という言葉が知れ渡るにつれ、

「もし、自分の子供が発達障害だったらどうしよう・・・」

と不安に思う親が増えてきているように感じます。

発達「障害」というと、やはり悪いイメージを持つ人も多いのでしょう。

 

しかし、最近では、発達「障害」とは呼ばれていますが、本人の個性としてとらえることで、

その特性を伸ばす支援が行なわれるようになってきています。

 

ですが、「治らない」のは脳の状態であって、他人とのコミュニケーション能力などは

学習することによって改善することはできます。

 

発達障害といっても、「周囲との折り合いがつけにくい状態」に過ぎないのです。

 

家族や学校の先生などが、子どもの特性について知ることは、

これまで「どうしてだろう?」と思っていた行動の意味がわかり、無用なイライラを感じずに済み、

また、子どもへの適切な対応へと繋がります。

 

子どもも、自分の混乱が親や周囲の大人に理解されたと感じ、

また時に応じて肯定的な評価を受けることもできますから、自己評価が高まり自尊心が育まれます。

 

症状が軽減すれば、家族も対応しやすくなり、

また本人にとっても行動を調整して適応しやすくなるでしょう。

 

発達障害の子どもは、発達障害を持ちながらも日々成長しています。

発達に偏りはあるものの、誰もが素晴らしい可能性を秘めています。

適切な支援と治療教育(療育)を受けることによって、

大きく成長、発達することができるでしょう。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL