発達障害の我が子を受け止める。

私の子供には発達障害があります。

最初は受け止める事は出来ませんでした。

 

考えすぎなんじゃないか、まさかうちの子が、

心配しすぎ大丈夫と思う反面、やっぱりおかしい?と思いネットで検索する日々。

 

市の相談施設に連絡するのも勇気がなく、

明日にしよう、もうちょっと様子を見てたら成長するんじゃないか

と数か月過ごしてしまいました。

 

「療育は早いほうがいい」とは言いますが私の気持ちの整理がなかなかつきませんでした。

 

連絡しようと思えたきっかけはママ友です。

「なかなか発語がなくて相談施設に行った」という体験談を聞いたからです。

よく聞くと1人ではなく4人いたのです。

療育を受けたという友人もいました。

療育は健常児が受けても何の問題もないんだと言うことを知りました。

 

まだ認めたくなかったですし、受け止めきれなかった。

前向きな意見を聞くことでもしかして我が子もと思えたからです。

 

でも結果は早急に療育センターへとの事でした。

胸が締め付けられそうでした。沢山泣きました。

でも診断された訳じゃない。

きっと大丈夫と泣き崩れそうな思いを押し殺して療育センターへ電話しました。

3か月後の予約しか取れませんでした。

電話するのも勇気がいったのに3か月も待つなんて気持ちの持って行き場がありませんでした。

 

私なりにいろいろ検索してテレビを一切付けず声が枯れるまで本を読みました。

指差しが弱かったので本も指を指して読みました。沢山話しかけました。

自転車に乗ってる時も、買い物中も。

すると発語が増えたのです。

指差しも増えたのです。

私はきっと大丈夫。障害はない。

私の関わり方が悪かっただけだと思い三か月後の療育も断りました。

怖かったんだと思います。

 

その後引っ越しをしました。

市の発育相談にも電話をしました。

発達に不安がある子の教室に通いました。

そこでいろんな方に会いました。いろんな話を聞きました。

私からもいろんな話をしました。

 

話してるうちにだんだんと自閉症だなっと自分で徐々にですが受け入れる事が出来ました。

自分が知らない内にすんなりと受け入れられていました。

 

実際診断名が出たのは一年後。

泣いてしまうかと思いましたが泣く事もなく、取り乱す事もなくすんなりと受け止められました。

 

自分一人で悩むより経験者や、同じように悩みを抱えてる人に会い、

話をしていく内に気持ちの整理ができたのだと思います。

 

時間はかかりましたが最初の療育センターを断らずに行き、

診断名を聞いていたら冷静にいられなかったと思いますし受け止められていたかも疑問です。

話をしたり、聞いてもらえる場があってよかったと思っています。

 

親だって人間です。

我が子の障害を葛藤なしで受け入れられる人なんていないと思います。

自分の気持ちを整理して葛藤して時間がかかってもいいと思います。

 

今ならわかります。

受け入れるのは大変でも受け入れる事によって楽になれます。

子供をどうサポートしたらいいのか知ることができます。

子供の気持ちを理解出来る事もあります。

だから耳を抑えてたのか、だから目が合わなかったのかって。

 

今も100%受け止めきれてはいません。

日によって気持ちに波があります。

もうだめだと思う日もあれば私が守るんだ!と思う日も。

でも一緒に前を向いて歩けていると思います。

 

我が子は可愛いです。宝物です。

周りの人に言うのも、相談するのも最初の一歩は勇気がいりますが

話す事で自分の気持ちに整理がつきます。

手を差し伸べてくれる人は周りには沢山いると思います。

周りの協力があって私は子供と前を向けています。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL