発達障害の思春期

心身の変化が目立ってくる思春期に入ってくると、

どんな子でも自我が芽生えてきます。

 

誰でも、「自分と他人との違い」や「人間関係」、「将来の不安」

といったことを考え、悩み、成長していきます。

 

発達障害の子であれば、なおのことでしょう。

 

「なんで僕は勉強ができないんだ」だとか、

「なんで私は他の人と同じようにできないの?」

といった、発達障害の特性ゆえの悩みを抱えることもあるでしょう。

 

自分が何となく「ふつうではない」ことに気付き、

日頃から感じていた劣等感が成長するとともに大きくなってきてしまいます。

 

年齢が上がるにつれ、勉強も難しくなり、また友達との

付き合いなどの人間関係も複雑になっていきます。

 

すると、「授業中いつも注意される」、「友達ができない」、「イジメにあった」

といった悩みを持つこともあるでしょう。

その結果、学校生活に疲れ果ててしまい、不登校になってしまうこともあります。

 

子どもが思春期に入ったら、それまでとは違う新たな支援を考える必要があります。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL