発達障害の子供の授業の受け方

発達障害で他の子供と一緒に授業を受けることができない場合、

少人数クラスに受け入れてもらうという対策も有効だったりもします。

詳しいことは担任の教師などと相談していくと

発達障害があっても学習に取り組める解決策を見つけやすいですが、

授業を受ける上で支障をきたしている問題点と向き合ってみるのも大事なところです。

 

家庭でも気になっている点があるときはすぐに報告するのがもっともでもありますが、

問題行動が目立っている場合にはその子供に合わせた注意の仕方を考えるのが一番です。

定期的に話し合える場所を設けるのも必要ですが、

学校での生活の指導の進め方なども検討してもらうべきです。

 

同じような発達障害を持っている子供でも、その子供によって

特徴が出てきたりと差が出やすいですが、

対応のやり方もそれぞれだったりもします。

 

障害や個性に合っている支援を受けることができるのがベストですが、

落ち着いて授業を受けたりできる環境を整えるのが求められます。

同時に他の児童への説明が問われるケースも少なくないですが、

担任の教師に理解をしてもらうのも最初の段階で解決していく部分になってきます。

 

学習が遅れていたりと授業についていけない場合もフォローができる方法を見つけるのが正しいですが、

宿題など以外の自宅学習を見直してみるのも親としてできることです。

早いうちにその学校側へ話をしてみるのも発達障害を抱えている子供のためにもなってくれます。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL