発達障害の子を持つ保護者の方へ

私の息子は3歳、自閉症スペクトラムだと診断されています。

1歳半検診の頃、オムツはとれていたのに発語が全くありませんでした。

唯一喋れていた「(おしっこが)でた」という言葉も消失。

しかし指差しや積木などの項目はクリアしたため経過観察に。

 

その後2歳半を過ぎても全く発語が増えないのにひらがな・数字が読めるようになっていました。

チック(まばたきや肩をすくませる)症状や血が出るほどの爪かみ、髪の毛を抜く、酷い癇癪があり、

さすがに何かおかしいと思った私は保健所に相談をしました。

そこで感覚過敏をしてきされ、簡単な発達検査をしました。

 

もともと保育園で働いていた私は発達障害に関する知識も少しですが持ち合わせていました。

ですが自分の息子は走り回ったり理解力の低いタイプではなかったので全く気付きませんでした。

 

感覚過敏を指摘され、今までの困りごとすべてが発達障害によるものだとわかりました。

息子の発達障害を指摘された私にはショックなど全くありませんでした。

むしろそれまでの間、育児相談に行くたび「お母さんの考えすぎ~」と笑われたり

「これ以上この子にプレッシャーを与えないでください」と心ないことを言われたり。

息子が困っていたのは私のせいではなかったんだ!と心が軽くなりました。

 

しかしそれと同時に息子に対して申し訳なくなりました。

もっと早くわかっていれば困りごとに対して怒ったりすることなく過ごせていたはずなのに。

自分の力ではどうにもならないことだったのに怒って本当にごめんね。と。

 

今お子さんとあなたはどのような状態ですか?

発達面で心配なことがあって調べている?

療育施設に通ったばかり?

診断が出たばかりでショックを受けている?

 

診断が出る、発達面で心配な事があるというのは

親御さんにとっては辛いことなのではないでしょうか?

その気持ちはとてもわかります。

 

しかし、お子さんの様子を見てみてください。

毎日楽しそうにしていますか?

それとも少ししんどそうですか?

しんどそうであればその原因は何でしょう?

 

発達障害を抱える子が成長するうえで「発達障害の受け入れ」というのはとても大切になってきます。

右手を欠損している人が右手で絵を描けないのと同じように、

発達障害を抱える子供も、目に見えない自分には解決しきれない生まれながらの問題があります。

右手がないのなら左手を使ったらどうでしょう?

視力の低い人がコンタクトやメガネを使用するのは当たり前の事です。

発達障害があるのならそれをうまく補うすべはないのでしょうか?

 

発達障害があるからと言って必ずしも不幸ではありません。

「発達障害のある自分を受け入れてもらえない子供、それを受け入れられない親」

こそ本当に辛い想いをしていると私は思います。

 

発達障害の有無は性別の違いとほぼ変わりません。

男は女になれませんし、女は男になれません。

でも人間はどちらかに生まれます。

そしてそれは決して嘆くことではないのです。

 

もしかしたら普通の小学校に通って進学して就職してという未来は無理かもしれません。

でもそれはお子さんの為に用意された道ではないかもしれません。

今のお子さんのありのままを受け入れて、今しかないこの時をどうぞかわいがってあげてください。

 

1年後3年後、良くも悪くも全く違う姿になっているかもしれません。

どうかありのままの自分を受け入れてもらえる子供が1人でも多く増えることを願っています。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL