発達障害の子の育児

発達障害とは、生まれつき脳に何らかの障害があることで、

通常の子どものように精神が成長しない障害のことをいいます。

 

代表的なものに、自閉症、アスペルガー症候群、

学習障害、ADHD(注意欠如・多動性障害)などがあります。

個人によって、障害の程度も様々で、場合によっては

これらの症状が重複してあらわれることもあります。

 

発達障害を持っている場合、他人とのコミュニケーションを上手くとることができず、

コミュニティーの中で協調性をとれないことがほとんどです。

自分勝手な行動に、周囲からは「変り物」とか「困った人」と誤解されることもあります。

 

発達障害はその人の性格や教育環境によるものではなく、

生まれつきの脳機能の障害だと理解することがまず大事です。

 

発達障害の子を育てる親は、精神的にも体力的にも追い詰められてしまう場合があります。

そうなると、「障害児」というレッテルを、親自らが子どもに貼ってしまいます。

育児には、「気持ちの切り替え」が大事だと言われています。

障害ではなく、うちの子は苦手なことが多いんだという考え方に切り替えて、

子どもをサポートするのです。

 

例えば、何度言葉で言っても手を洗うことができない時、そんな時はイラストを使って教えてみます。

その子は聞いて理解するのが苦手なだけで、見たら理解できるかもしれません。

実際に、そういう子は多いのです。

 

親が気持ちの切り替えをし、このような観点をもって接することで、

子どもはのびのびと成長することができます。

劣等感を持ったまま成長することを避けることができます。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL