発達障害の子の兄弟

発達障害の子がいると、

親はどうしても、その子の世話で精一杯になってしまい、

兄弟に我慢させてしまうことが多くなります。

でも、それはやはり子どもの負担となってしまいます。

 

発達障害の子の兄弟は、おとなしくて、とてもよく言うことを聞く良い子が多いです。

 

お兄ちゃん、お姉ちゃんであれば、お母さんに甘えようとしませんし、

弟や妹でも、小さい頃は発達障害の子の遊び相手になっています。

 

しかし、こうした甘え切れなかった子どもの将来には、少し不安が残ります。

 

発達障害のある兄弟に母親を取られた」、と感じているかもしれませんし、

大人になってから、「もう振り回されるのは嫌だから」と、兄弟関係が切れてしまう可能性もありえます。

 

ですから、あまり小さい時から兄弟に負担をかけないほうがいいでしょう。

1日ベッタリその子についているのではなくて、

時間ごとに他の兄弟とも1対1で関わる時間を持つようにしましょう。

 

何も言わないから平気なのではなくて、子どもは我慢していることが多いですし、

また、発達障害には遺伝の影響もありますので、

兄弟も多少なりとも不器用さを持ち合わせている可能性があります。

 

そうした兆候を見逃さないためにも、兄弟にもしっかり目配りを忘れないようにしてください。

 

そして、兄弟が発達障害について理解できる時期がきたら、

その特性についても教えるようにしてください。

兄弟は、時には親以上に大きな味方になることがあります。

兄弟が積極的に、発達障害の子を世話することで、

親には見えてこなかった長所が見つかることもあるでしょう。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL