発達障害の子と関わる苦労

子供が発達障害です。

小さい頃は元気で活発でただの個性と思われました。

夜鳴きもひどく私は子育てとはこんなにも辛いのかと思ったものです。

 

赤ちゃんの頃はとにかく寝なかったです。

5ヶ月から夜鳴きが始まりました。

私が抱っこしてもなかなか泣き止みません。

起きて我に返ってくれれば良いのに、目は閉じたまままなかなか起きません。

 

実家に帰った時に親も鳴き声で起きてしまいました。

親が見かねて抱っこしてなんとかしようと思い抱き上げてくれましたが、

泣き止む気配は無く、あきらめて親は寝室に帰りました。

残された私は寝られずになんとか泣き止むのを待ち、

背中をとんとんしたり、おっぱいをくわえさせたりなんとか頑張り、

やっと寝たかという時に、すぐさま眠りに付きます。

とこれが一晩に2回ほど続きます。

 

虐待をする親の気持ちが分かります。

寝られない。起こされるというのは大変なものです。

 

しかし唯一楽観的でいられた事や理由は、

私が働いていたときに夜型だった事や、徹夜の時が何度もあった事、

睡眠時間が一日に数時間しか無いときもあった事。

そんな経験から、まぁ昼間に寝れば良いかと思えた事が大きいと思います。

夜鳴きに関しては、下の子が産まれてからも続き、私もよく体を壊さなかったと思います。

 

そしてある時から夜鳴きで泣いて、主人が抱っこすると、

子供は我に帰り起きて夜鳴きが収まるという事が成功してきたんです。

そうなれば主人には申し訳無いですが、主人にお任せです。

主人はその頃の事をずっと覚えていて辛かったと言っています。

その頃は仕事も忙しかったので、申し訳ないなと思いますが、過ぎた事です。

感謝していれば良いでしょう。

 

主人は会社で面談があるみたいです。

その頃に今一番大変な事は?と聞かれて、子育てと答えたそうです。

面談相手には全く理解がされず、悔しい思いをしたそうです。

しかし良いことは、夜鳴きに対して頑張った自分、子供に対してかわいくてしょうがないそうです。

 

ある時、主人の方の実家に泊まりに行きました。

相変わらず夜鳴きが酷い子供です。

主人のお母さんが見かねておぶってくれました。

夜の冬の寒い外を夜鳴きのひどい子供と一緒に私たちが泊まってる間中にやってくれました。

ぐっすり寝られるとはなんと幸せなことでしょう。

主人のお母さんにも感謝しています。

 

そんな夜鳴きも、なんと2歳半まで続きました。

ミルクを飲ませるのを止めたら無くなったのです。

しかし寝起きの泣き叫びはまだ続きました。

 

数年たって発達障害と分かり、回りの同じ境遇のママも夜鳴きは酷かったと聞き、

共感してもらいうれしかったのを忘れません。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL