発達障害のある子供と、その母親のケアについて。

4歳の娘を持つ39歳のママです。

娘は発達障害児です。

ハイハイ、自立、お喋りができません。

二歳位までどこに連れていってもあまり反応がなく、やっと嫌だを主張する程度…。

 

整体に行ってみたり、病院で、MRIをとってもらうのも大変で、

最後は、点滴で眠らせて、やっととることができました。

 

結果は前頭葉が他の子より若干小さいとのことでした。

お医者様は、脳は延び幅があるから、まだ疾患があるとか、はっきりしたことは言えないとのことでした。

 

その後、定期的に発達の状態を診てもらいに病院を、三ヶ月に一回行っています。

それと共に、在は、リハビリテーションや、生活訓練の施設、保育園に通っていて、

表情も出てきて母親としては嬉しいです。

 

てすが、本音を言えばやはり歩いて欲しいです。

リハビリテーションでは、作業療法、理学療法、言語療法を週に一回行っていて、

歩くための、器具の申請をしてもらい、一年かかってやっと市に承認をもらい作ることができました。

 

正しく座るための座位保持(椅子)、歩行器具(医療器具)、バギー(五歳まで可)、

オーダーメイドの靴、ふくらはぎと足を支える器具、立位(立つ器具)、等です

自己負担は四万円位かかりましたが、作らせて頂きました。

 

保育園では、発達障害の子供達にふれあう機会もあり、

お母様方の苦労や、他の子と変わらず(当たり前ですが)子供に対する愛情に、

とても共感しました。

と同時に、苦悩というのでしょうか?

これから先の将来に対する不安が、ひしひしと伝わりました。

 

学校はどうするのか、盲学校に行く方、障害のある子供の専門の小学校にあがった方、

普通の学校に行くという選択をしたお母様もいました。

普段は言わなくても、子供はもちろん、親御さんも、かなりのプレッシャーがあるみたいです。

 

この四年間全く無知でしたが、娘が社会に接するようになって、

改めて、お母様方のケアが必要なのではないかと思います。

 

愚痴になってしまいますが、市の指導員に、

この医療器具は、いらないんじゃないか?本当に必要なのか?

と、聞かれました。

必要だから、申請しているんです。

思わず声を荒げてしまったこともありました。

 

これから先、娘が歩けるのか喋れるのか、わかりません。

でも、一番守ってあげられるのは私なのです。

でも、時には保育園に預けているとき、息抜きしたいなあとか、

もっと娘とパパに遊んであげてほしいなあとか

一人の時間欲しいなって思ってしまうのは、わがままでしょうか

多分、普通のお子様をお持ちのお母様と同じ悩みなんじゃないかと思います。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL