発達障害によるいじめ

発達障害を持つ子供の教育を行っていく中で大変と言われるのが、

学校での教育がはじまり、周囲とのコミュニケーションを行う中でのことです。

 

発達障害を持つ子供に対して、同じ年齢、同じ学年の子供がいじめを行うというのは、

現在では70%にも上ると言われており、70%ともなると、

ほとんどの発達障害を持つ子供がいじめの標的になってしまうという事がわかるので、

ご両親からしてみれば、本当に悲しい事実です。

 

そんな発達障害の子供を持つご両親ならば、

まずは薬などを服用せずに発達障害について困らないように対処を行っていくのが、

こういったいじめをなくす又はわが子をいじめにあわせないように守る材料になります。

 

また、学校で教育を行ってもらっているからといって、

全ての教育を学校に託してしまうのも良い傾向とは言えませんから、

できるだけ親から子へ教育を試む努力をする必要があります。

 

落ち着きがなく育てにくい子供の場合、やってはいけない事や

してはいけない事等に対し、人一倍親が努力し、教育を行う事で、

学校で障害を持っていない子供と同じように生活や

コミュニケーションがとれるようになる子供として育つ可能性もあるので、

できるだけ丁寧に、そしてなぜそれが悪いことであったのかというのを

子に理解させることが必要で、またその反対に、褒め方などについても

上手な親になることが大切です。

悪いことは叱り、良いところは小さな部分でも良いので褒め、

うまく育成を行う事がいじめを回避する秘訣になります。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL