我が家は発達障害ファミリー

こんにちは。今話題の発達障害。我が家はまさにそれです。

話題にのりました。

こんな冗談を言える自分になるまでには自分で言うのもなんですが、

本当に苦労してきました。

 

どれだけ大変であったか。

我が家の家族構成。夫。わたし妻。高校生と中学生の男の子2人。

その中で発達障害は夫、息子たちです。

 

夫は私と結婚してから診断を受けています。

長男坊は小さい時に。次男坊は診断まで受けていませんが、まさに発達障害。

タイプはそれぞれ違います。

 

夫はADHDと高機能自閉症と以前診断をもらいました。

長男坊も高機能自閉症だろうと診断は受けましたが、紙一重だと。

ようするにグレーゾーンですね。

次男坊は見ていて分かるので、対処の仕方だけ分かったらいいな的に思ってます。

 

さかのぼって結婚前、夫とはスピード婚でした。

今思うとその頃に気づいていればと悔やみます。

とにかく無口な人でした。

でも発達障害なんて言葉は知らなかったので、ただの口数少ない男なんだろうと思っていたくらいです。

 

結婚して共同生活が始まってからです。

無口なだけじゃない。協調性がまったくない。会話しても一方通行。

ほんとに人の話し聞いてるの?と何度も思ってました。

 

そしてすぐに子供が生まれ、やっぱり夫の性格が変。

子供に興味ないのかなとそんな感じの日々でした。

つねに一人で行動するからです。

 

そのうち長男が成長するに連れて長男も大変。

あの頃はADHDが強くて目が本当に離せなかったです。

児童館の子供サークルへ行ってもいつも長男だけ騒々しいし、

恥ずかしかったり申し訳なかったりと精神的に辛かったです。

初めての子供だったし、発達障害だなんて知らないので、とにかく夢中で育児していました。

夫に相談しても無意味でしたから、一人で本当に苦しんでいましたね。

 

3歳の保健所での検診の時に初めて長男がみんなと違うと言われました。

やっぱりと言う気持ちとどうして私の子供だけ違うのという気持ちでパニックになっていたと思います。

 

長男が診断を受けたのはそれから数年後の小学生の時です。

その頃には世間でも発達障害が知られるようになっていて、

発達障害を対応する病院も増えてきた頃でした。

 

それまでは診断は受けていませんでしたが、療育はしていました。

そのおかげなのか、診断を受けた頃にはすっかり落ち着いていました。

同じ発達障害の子を持つお母さん達からもうちの長男の変わりようを驚かれたくらいです。

長男は小さいのに自己認知も出来ていて、性格も素直であったためにうまくいったんだと思います。

言葉は悪いですけど、騙されやすい性格、馬鹿正直。

療育もすんなりとすすんでいましたね。

 

長男が診断を受けた時に夫も発達障害だと分かったんです。

100%ではないけれど、やはり特性は似ると教えてもらいました。

 

夫は我が家の中で一番特性が濃いんです。

小さな頃からやはり違っていて、友達ともうまくいかずに、

結果大人になっても友達が一人もいませんでした。

小学校の頃は心因性で入院もしていたそうです。

コミュ障が強いんですよね。

 

息子のあとに夫も病院で診断を受けました。

療育を受けて育っていたら違ったのだろうけど、自分が障害とは気づきもせずに生きてきましたから。

夫は今自分が障害と思いたくないし、障害でもないと言い張っています。

子供たちも自分に似ているからどこも変に思わないとついこの前言っていましたね。

 

だからあなたは発達障害なのよと心で思いましたし、

あー全然子供たちの大変さを理解しないでここまできたんだなと思うと

これ以上の悲しくてせつない気持ちはありませんでした。

私って一人で子育て頑張ってきたのねと改めて気付かされたのです。

 

次男坊は見ただけでわかります。

ただ、友達ともうまくやっているし、うまく自分から話しかけられないとか、

極度に緊張しやすいとか、チックとかはありますけど、学校でのやりにくさはないみたいです。

子供たちはグレーゾーンで、知能も問題がないため、普通級です。

 

私が一番苦労に思っているのは夫ですね。

自己認知がないので本当に大変です。

でも今はなんとかうまくやれる方法を試行錯誤しながらやっています。

この先変わることはもうないですから。

うまくやれる方法を考えたらお互いに楽です。

そのやり方、家庭のあり方が他と違ったとしても、我が家がうまくいくならそれでいいんです。

やっと、そう思えるようになりました。

 

終わりの見えない戦いです。円形脱毛にもなります。

でもこの家庭で自分が楽になるためにも良い方法を見つけていこうと思います。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL