息子の発達障害を受け入れることができなかった母親

30代の2人の息子を持つ母です。

長男は6歳で来年小学生になりますが、最近自閉症スペクトラムと診断されました。

 

保育園に通っているのですが、年少の時から毎年担任の先生に、

発達障害の可能性があるので検査に行くように勧められていました。

 

私はどうしても受け入れることができず、他の子と違うとは内心思ってはいましたが、

先生の意見に反論し検査にも行きませんでした。

 

息子は不安がとても強く、年少から年長の現在まで毎日園に送っていくと私と離れたがらず泣いています。

例えば行事など、スケジュールが決まっている日は良いのですが

それ以外の日は園で何をするのかわからず不安に感じるようです。

 

運動も苦手で、リレーなどで負けたり、鉄棒や跳び箱で上手くできないことが不安でパニックになります。

パニックになると泣いながら先生を叩いたり、自分の髪の毛が抜けるほど引っ張ったり、

壁に頭を打ち付けたりします。

みんなの前で話すのも上手くできません。

 

園ではその日のスケジュールを紙に書いて朝提示してくれたり、

帰りに優しくしてくれたお友達のことを発表する時も

紙に書いてそれを読めば良いようにしてくれたのですが、

私自身がそれを受け入れることができませんでした。

 

他の子ができているのに息子だけができないことがとても嫌で、

息子だけ特別な配慮をするのではなく他の子と同じようにしてほしいと望みました。

 

先生は、息子は視覚的な対策をした方が明らかに落ち着いて行動できるとのことでしたが、

私の強い希望でそれらの対応を止めてもらいました。

 

息子の不安は治まることなく、年長にあがり

小学校を視野に入れた園での行動でさらに不安が強くなり余計にひどくなりました。

 

小学校を見据えて、再度検査に行くよう強く担任の先生から申し出がありました。

腹が立ちましたが、検査に行って逆に何事もないことを証明して文句を言ってやろう

ぐらいの気持ちで行くことにしました。

 

色々な検査と親の聞き取りをした結果、自閉症スペクトラムとのこと。

私は愕然としました。

担当医は、「今まで園で上手くやれなかったのは発達障害のせいですね。

でも療育をすれば得意なことも増え生活しやすくなりますよ。」

とのことでいくつか療育先をピックアップしてくれました。

 

私はひどくショックで療育に行こうと行く気にはなりませんでした。

夫に報告すると、

「すぐに療育に行くべきだ。

息子に俺たちはかわいそうなことをしてしまっていたと思う。

息子が安心して生活できるようにするのが俺たちの役目だ。」

と言い、休みをとって早速療育先に相談に行ってくれることになりました。

 

療育先で色々と説明を受け、息子ようなタイプにはこうしたらいいとアドバイスを沢山受けました。

週1度療育に通うことを決め、園に報告しました。

今までの私の対応を謝りました。

 

今は療育先が園と情報を共有し、アドバイスをしてくれ息子の自立に向けて対処してくれています。

息子もパニックになることがぐんと減り、療育の大切さを身にしみて感じました。

 

お子さんが発達障害と言われ、受け入れることができない親御さんは多いと思います。

でも、拒絶していては何も始まりません。

お子さんの自立を望むなら1日でも早い療育が大切です。

年長から療育に通い始めて、もう少し早かったらと思うことが今多すぎます。

1年早かったら、1ヶ月早かったら、お子さんはその分できることが増えるのです。

 

つらいですが、親御さんがきちんと受け入れお子さんに自信をつけさせてあげましょう。

きっと明るい未来が待っているはずです。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL