息子が発達障害と言われました

わたしの息子は現在5歳です。

2歳くらいまでは大人しい子だな、でも一人目でしたので、

これが普通なのだろうと思っていました。

 

そして保育園に通わす段階になって保育園の先生から言われました。

突然な事で、発達障害という言葉自体、無知で知りませんでした。

ただ、息子は診断していただいた結果、軽いということで

保育園とは別に療育教室へ週1回通わす事になりました。

 

普段の生活では、ベッドで寝たと思ったら急に泣き出したり、

思い通りにいかない時に 癇癪を起こして家を飛び出したり、

話しかけても聞いているのかわからない時が多いなどが多い。

 

しかし、大人でも中々できない1,000ピースのパズルも簡単に完成させてしまう驚きもある。

一度通った道は、確実に覚えていたり、

大型ショッピングモールの駐車場でも我が家の車の位置を迷いもなく探し当てたりすいる。

すこしの事だが、困惑する事だけではなく、親がびっくりする事もやってしまう時がある。

 

しかし、日中妻も息子と二人だとイライラする時もあり、キツく怒ってしまう事もやはりあり、

息子自体ももどかしいようです。

ダメな事はなるべくゆっくりと目を合わせて説明してあげることを夫婦共で気をつけております。

 

療育教室に通い始めて3年が経ちますが、療育手帳も発行されないようになりました。

でも、まだまだやはり不安はあります。

これから小学校に入り、いろんな子に囲まれて対応できるのか?

この子にとって最良の人生を歩ませてあげるにはどうすればいいのか?

など考え始めるときりがありません。

 

わたしは46歳です。

息子が成人する時にはわたしは60歳ですので何かをサポートしてあげれるには限界があります。

なので、国や公共団体などがもっと積極的に発達障害への取り組みを進めてほしいです。

 

発達障害と言われて、親友に相談に行ったことがあります。

彼は泣きながら「どこからが発達障害だの決めるのは勝手だ。

しかし、言われた親の気持ちになって言ってほしい。

病名をつけたければつければいい。

けど人と違うのは個性でいいんじゃないか?

人を傷つけたりしそうな場合は、いい方向になるようにしてあげるのが、

そういった機関がサポートする事だろう。

人と比べる必要はない。

親から見たら基準は自分の息子なんだから」

と言ってくれた。

 

けどやはり親としては、一般的な平均である普通の子に育ってほしいというのが、願望である。

当然、寿命からいうと親のほうが先に死ぬ。

だから、発達障害の子を最後まで見てやる事はできないのだから、

出来ることをやれるだけサポートしてあげればそれでいいんじゃないのかと夫婦では話しています。

 

あせらず、ゆっくり、5歳という年齢だが彼の人格を尊重してあげ、

彼の人生が楽しく歩める事を一番の目標として、

前向きに考え生活する事を家族で心がけています。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL