就職は可能

「子どもが発達障害」と知ると、親はその将来に大きな不安を感じてしまうもの。

でも、発達障害の子でも、就職することは十分に可能です。

 

発達障害の子は、一般的に「できること」・「できないこと」がハッキリしています。

できないことは、本人がどんなに努力してもできるようになるのは難しいです。

 

ですから、できるだけ本人の特性に合わせた仕事に就くことが大切になります。

無理に一流会社や有名な会社を選ぶ必要はありません。

 

例えば、良好な人間関係を築くことや、急な予定変更に対応するのが苦手な子の場合、

作業が規則正しくできたり、専門知識を活かせる仕事が向いていると言えるでしょう。

例えば、コンピュータープログラマーや在庫管理の仕事などが考えられます。

 

長時間なにかに集中するのが苦手な子は、

逆にひらめきや機敏性・行動力に優れているかもしれません。

こちらの場合、営業職やプロデューサー、または起業家になれるかもしれません。

 

就職の相談には、地域の「発達障害者支援センター」や

「障害者職業センター」に足を運ぶといいでしょう。

 

また、実際仕事が始まってからも、勤務先に「ジョブコーチ」といって、

障害者が企業で働けるように企業と障害者の両方を支援してくれる専門職の人を

派遣してもらうことで、職場の環境や人間関係に慣れて楽しく仕事が続けられるようになります。

 

ジョブコーチがつく期間は通常、2ヶ月から4ヶ月程度ですが、

本人や職場の希望によっては、それ以上に延ばすこともできます。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL