公的援助制度

自治体では、該当する人に、

療育手帳や、精神障害者保健福祉手帳などを交付しています。

これらを持っていると、

療育などの福祉医療にかかる費用の補助や、

公的交通機関の割引、福祉サービスを受けることができます。

 

障害を持つ20歳未満の子どもを対象に、

月々一定の金額を援助する、

特別児童扶養手当という制度もあります。

 

金銭的な援助が必要であれば、申請を検討してみましょう。

 

療育手帳制度

都道府県により、愛の手帳やみどりの手帳などと、

名称が異なることがあります。

 

知的発達に遅れがあり、夜会生活の適応が難しい人が対象です。

1~5年間の更新制。

子どもの発達の程度によって、

受給基準の該当に当てはまらないケースもあります。

 

 

精神障害者保健福祉手帳制度

精神に障害があり、

長期にわたって日常生活や社会生活に制約がある人が、

福祉の援助を受けやすくすることを目的に交付されます。

 

 

特別児童扶養手当制度

身体や精神に障害のある、

20歳未満の児童を育てている人を対象に、

月々一定の手当が支給される精度です。

障害の程度により1級と2級に分かれます。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL