他人との雑談が苦手な大人

最近、大人の発達障害について

ニュースでも話題になっているように、

ここに来てようやくコミュニケーションに

何らかの障害がある大人にも理解が広がるようになってきました。

 

例えば、初対面の人となかなか会話が続かなかったり、

他人との雑談や、上手な距離の保ち方が苦手だったり、

こう言ったコミュニケーションの障害を抱える人は少なくありません。

 

以前は、性格的な物だと位置づけられていましたが、

ようやくこれらがある種の発達障害だと言う認識が広まってきたのです。

今でこそ、子供の発達障害が広く知れ渡るようになり、

落ち着きが無い子供、何かに強いこだわりを持つ子は、

しつけがなっていない訳ではなく、

こう言った特性を持つ子供だと理解されるようになりました。

 

しかし、今の大人が子供の頃は、まだまだ障害に対する認知度が低く、

人とは違った変わった子どもとして扱われ、

周囲の人はもちろんのこと、本人自身も学校生活において

大変苦しんできました。

 

こう言った発達障害は、完治することがなく、

一生において付き合っていかなくてはなりません。

こういう状況には、こう対応するんだとパターンを覚えることで、

日常生活が円滑に行くようトレーニングを積まなくてはなりません。

そのため、少しでも早く専門家に診てもらい

指示を仰いでもらうことが重要なのです。

 

大人だからもう手遅れだと考えず、

専門家を受診し適切な対応をしてもらうことで、

精神的にも安定することができます。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL