不登校になった時の対応

発達障害の子どもは、独特の感性を持っています。

この感性のズレは、なかなか他人にはわかりにくく、

大きなストレスの原因となることがあります。

 

その結果、学校で友達とコミュニケーションがとれなくなったり、

いじめの原因となり、不登校になってしまうことがあります。

 

ある朝、突然に子どもから、

「学校に行きたくない」と言われたら、

たいていの親は驚き、不安な気持ちになってしまうでしょう。

 

しかし、大きなストレスを抱えて、

一番悩み苦しんでいるのは子ども本人なのです。

無理に学校に行かせることは、

子どものストレスをさらに大きくしてしまうことにもなります。

その結果、引きこもりや拒食症、うつ病などの、

より深刻な二次障害を引き起こしてしまうケースもあります。

 

家で何をするか

学校へ行かずに家にいる子どもと、何をして過ごすのか、

ということはとても大きな問題となります。

 

子どもは学校に行かなくなったことで安心感を持ちますが、

同時に、大きな不安感を抱えることもあります。

 

まず、子どもがなぜ学校に行きたくないかを聞いてみましょう。

子どもがその理由を話さなければ、

落ち着いて話せるようになるまで待ってあげましょう。

 

友達関係がうまくいかないために不登校になった場合は、

家庭でも時間を決めて勉強することはできます。

また、フリースクールなど、学校以外の学べる場所に行くこともできます。

 

先生にも強力してもらい、

家庭でもできる宿題やレポートなどを送ってもらったり、

学校の様子を話してもらったりと、

また学校に行けるように環境を整えてあげるのも良いでしょう。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL