診断が下っていない場合もあると考える。

職業柄、発達障害の方と接しています。

皆成人し20代後半から50代前半の方がたです。

一見発達障害と分からない人もいれば、数回会話をしただけで直ぐに分かる方もします。

 

皆、一概に言えるのは自分に自信がありません。

偶然そんな人が集まったのかもしれませんが、

自分なんてどうせと思っていたらり口にしたり、

やっても意味がないと思って生活します。

 

聞けば、親子関係が良好だった人もいますが、中には過酷な関係性だった人もいます。

極端に成功体験が少ない様子で、ぽつりぽつりとそんな話をしてくれます。

 

すごいね!と褒められる事も心の中では下に見られている(出来ないと思われている)から、

(思ったよりも)出来るなんてすごいね!

と意味合いを含んでいるのではないかと話す人もいます。

褒められる事も慣れていないので、どんな態度をとったらいいのか分かっていません。

 

極端に他の人を比べる人もいます。

自分の方が先に入ってきて仕事をしているのだから、

私よりも後に入って来たのに仕事が出来るのはおかしいと言って暴言を吐くのです。

一人一人得意不得意があってもいいと言ってもなかなか理解してもらえません。

皆、発達障害だと理解はしている様子ですが、

それがコンプレックスの様子で出来ない自分と言う事に悲観的に感じられています。

 

難しい文章の理解や相手の気持ちを考える事を不得意としたり、

俗にいう空気が読めない事も多々ありますが、

好きな事に関しては健常者に負けない程詳しいです。

 

一人の人は芸能やエンタメ、特にジャニーズが好きで

その子の名前や生年月日等も完全に記憶してります。

漫画やアニメが好きでどこのいつのシーンで何を話したとかもきちんと覚えています。

 

ゲームや音楽、イラストが好きな人は色んなアプリを使いこなしながら、

自分の趣味に没頭しています。

これが実際お金が発生する仕事になったら、

どこまでものめり込んでいくんだろうなと感じさせます。

 

最近こそ、発達障害が色々言われ身近な友人の子供にもいたりとして関わりが多くなっています。

しかし、現在大人の中でも生きずらさを感じながら

発達障害と自覚も診断もないまま大人になった人も多数いるのではないかと思います。

大変なのか、自覚も診断もないまま結婚し子供を産み育てている親です。

 

いずれ我が子や子供が居る生活に適応できずに精神的に参ってしまったり、

虐待に至る事もあります。

関わりのある発達障害の人の中にはもしかしたら、

この親御さんも発達障害なのではないかと思う場面も多々あります。

親が早くに気付いてあげられる事は大きいのではないかと思っています。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL