発達障害を理解する

私は初婚なのですが、主人が再婚で、主人の連れ子(長男)が発達障害だと思われます。

私が結婚した時、長男は小3でした。

主人から結婚前に発達障害かもしれない的な話は一切ありませんでしたが、

一緒に暮らし出して異変にはすぐ気づきました。

とにかく当時は悲鳴(奇声)を上げることが多く、ちょっとした変化にすぐパニックになったりしました。

普通ではないと感じました。

 

その数ヶ月に家を新築するタイミングで転校したのですが、

そこでの担任の先生から

「ちょっと発達障害っぽいのですが、一度検査を受けてみてはいかがですか?」

と言われました。

その時初めて主人の口から

「幼児期から疑っていた。でも受け入れたくないからまともに検査をしたこともない」

と説明を受けました。

主人曰く、とにかく乳児期?本当に手がかかる子だった。

夜泣きも毎日で、歩き始めが1歳8ヶ月、喋り始めるのも遅かったとのこと。

 

そしてすぐ発達障害の検査を受けに行きましたが、検査と言うより知能テストのような感じでした。

小3なので、何故こんなテストを受けるのか少々疑っていましたが、何のテストなのかは伏せて受けさせました。

 

結局結果では発達障害なのかは特定されず、実際に診断を受ることは出来ませんでした。

と言うのは、テストを受けたのは県の機関の相談センターで、

医師ではないので診断が出来ないと言うことでした。

 

結局高校生になった今でも正直なところ発達障害なのかははっきりしていませんが、

ネットとで色々調べたところによると、長男はアスペルガーで間違い無いと思われます。

 

・忘れものが多い

・物事の説明力がない

・人の話を理解する力が乏しい

・手先が非常に不器用

・冗談を真に受けてしまう

・声のボリュームを調整出来ない

・他人の気持ちを考えることが出来ない

・一つのことに集中すると他が全く見えなくなる

・応用力がない

・こだわりが多い

・異常な神経質

 

挙げ出したらキリがありませんが、長男は乳幼児期に言葉の教室など行ったり、

発達障害として病院にかかったことがありません。

病院にかかっていたら、何か改善策やアドバイスなど頂けたのではないかと後悔しています。

 

高校生になった今はもう人格形成されてしまっているので、何を言っても聞く耳持たずで手遅れです。

長男もいつもいつも同じことで注意を受けていて、本人も自分の異常なところに気がついているように思います。

本人ももどかしいと思うので、時期を見てカミングアウトするつもりでいます。

 

一緒に生活していると、ものすごくストレスがたまります。

やかましかったり、要領が悪かったり、自己中すぎたり。

そこをいかに理解して接してあげられるかが非常に重要だと思います。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL