発達障害をハンディキャップと捉えない社会の実現~個性を尊重する社会へ~

「時間が守れない、落ち着きがない、ひとつのことに集中すると周りが見えなくなる」

など現代の日本ではマイナスイメージがついて回る発達障害。

 

主に幼少期に発達障害であることが判明することが多いとされていますが、
近年では「大人の発達障害」というこれまで一般的な社会生活を送ってきた人が検査の結果、
判明するといったケースが年々増加しています。

 

ひと昔であれば、「あの人は変わっている」や「何を考えているか分からない」

などの一言で片づけられていたものが、

医療技術の向上により一種の病気として最近では多くの人に認知されつつあります。

 

しかしながら、発達障害は認知はされつつあるものの、

なかなか受容とまではいっていないのが現状です。

潜在的な患者数は今後も増加することが予想されます。

 

マイナスイメージが印象的な発達障害ですが、

一方ではある特定の分野において

常人よりも遥かな功績や実績を挙げている方が存在するのも確かなことです。

興味・関心がある分野においてはその持ち前の集中力や探求心で、

政治・経済・文化・スポーツなどの世界で活躍されている方も非常に多いです。

 

例としては歴史の偉人である坂本龍馬やトーマス・エジソンなども

残っている文献等から発達障害だったのではないかと推測されています。

このように大きな功績をあげている人物もいますが、

同時に彼らには障害を個性として受け入れてくれた人が存在したのも事実です。

 

坂本龍馬には姉の乙女、エジソンには実母といった

非常に身近な存在が彼らを最も理解し、個性を育ませました。

双方の偉人に共通して言えることは、当時の考えを超越する発想力です。

その発想を突き放さず、一定の理解を示し考えの芽を摘み取らなかったことが重要なのです。

 

物事を突き詰めていく姿勢そのものが社会を変え、そして現代の礎を築いていることは事実です。

幼少期の経験は大人に成長するにあたり非常に大きな財産となります。

発達障害のお子様をお持ちのご両親の方々には、

それをハンディキャップとしてとらえるのではなく

個性としてとらえてあげることが重要なのではないかと思います。

 

また様々な経験を通してお子様の興味・関心・没頭できることを一緒に寄り添い、

探していくことも大事であると思います。

大人になってから判明した方であれば、まず現状を受け入れることが重要です。

受け入れたうえで、自分の得意なことを見つけていくことです。

スポーツ・芸術・サークルなどの仕事以外の趣味を通じて見つけて見るのもいいと思います。

 

重要なのは受け入れることです。

潜在的な発達障害を持つ人は多いです。

突き放すのではなく、深い懐で見守る姿勢こそこの現代では必要なのではないでしょうか。

「優しい社会が新しい未来を切り開く」そのような世界になればと願っています。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL