発達障害の症状と恋愛感情

発達障害とは、物の考え方や振る舞い、対人関係、学習などにおける能力が、

通常の成長スピードに追い付かない障害のことをいいます。

 

生まれつき脳の発達が違っているため起こる先天的なもので、

育児や生活環境によるものではありません。

 

発達障害にも様々な種類があり、障害の程度も千差万別であるため、

普通の日常生活を送るには問題のない場合から、対人関係を拒否し部屋に引き籠る場合もあります。

 

発達障害の代表的なものとしては、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害、学習障害などがあります。

発達障害の子どもあるいは青少年は、周囲の子と比べて、

自分が満足に学習や対人関係をこなせないために自信を喪失し、

不安になって症状をさらに悪化させることがあります。

 

親の理解と周囲の温かい支援があれば、発達障害の子でも、

伸び伸びと自由に育つことができ、気持ちを安定させることができます。

 

思春期になれば、恋愛に興味を持つ子もいます。

関心を持った異性に対して、恋愛感情の表現としていたずらをしてしまうこともあります。

親の対応としては、恋愛感情を否定するのではなく、

正しい恋愛感情の表現の仕方を教えてあげることが望まれます。

 

言葉が苦手な子も多いので、絵などで説明してあげるのも効果的です。

決して相手を傷つけないことを約束して、相手の子の親へ理解も仰ぎます。

勉強や対人関係が苦手でも、その子なりのスピードで成長していきます。

安心できる環境で育てることが大切です。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL