発達障害の特徴

発達障害とは、自閉症スペクトラム障害(自閉症、アスペルガー障害などが含まれる)、

注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害、チック障害などが含まれています。

今回は、自閉症スペクトラム、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害の特徴について

書いていきたいと思います。

 

自閉症の特徴は、

①対人的なやり取りに問題がある

(視線が合いにくい、表情や身振りなどの非言語的なやり取りを使用することが難しい、仲間を作ることが難しい)、

②コミュニケーションの取り方に問題がある

(言葉に遅れが見られる、会話が出来ても他人と会話を始めたり続けることが難しい、

相手の言葉を繰り返したり、独特の言葉を使ったりする、ごっこ遊びをすることが苦手)、

③活動や興味の領域が狭く、その狭い中で同じことを繰り返される

(特定の習慣や儀式にこだわる、同じ仕草や行動を繰り返したり、奇妙や行動を行う、

一部の物などに極端にこだわる)

などがあります。

 

アスペルガー障害の特徴は、知的障害のない自閉症と言われ、

①言葉の遅れがない、

②知的発達や年齢相応の自己管理能力に遅れがない、

③養育者との愛着は3歳以降に成立している者が多いと言われています。

 

大きな特徴としては、

①抽象的かつ表面的な言葉の使用が見られる、

②比喩や冗談を理解出来ない、

③人の気持ちを汲み取ったり、場の雰囲気に合わせた行動をすることが苦手などがあります。

 

注意欠如・多動性障害(ADHD)の特徴は、

①活動に集中できず、持続性が低い、

②静止状態が保ちにくく、過度に落ち着きがないなどがあります。

 

学習障害の特徴は、

①基本的には全般的な知的発達に遅れはない、

②聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち、特定の物の習得と使用に著しい困難を示す、

③原因として、中枢神経系の何らかの機能障害があると推測されると言われています。

 

それぞれに特徴がありますが、それは基準にすぎないと思います。

なので「自閉症だからこうだ!」と決めつけずに、それぞれのお子さんの特徴を見て欲しいと思います。

それぞれのお子さんに合った対応を、お子さんと接しながら模索していかれるとよいのではないかと思います。

 

また、早期対応・早期療育と言われています。

保護者の方だけで抱え込まず、利用できる機関や制度を上手く利用された方が良いかと思います。

保護者にとってもお子さんにとってもよい環境を整えながら、

一人一人の個性を伸ばしていけるとよいのではないかと思います。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL