発達障害の愛着障害とは

発達障害と一言で言ったとしても、

発達障害には様々な種類があります。

 

今回はその中でも、愛着障害についてのお話をしますが、

この愛着障害にはどのような特徴が挙げられるのでしょうか。

 

この障害は、わかりやすく伝えるなら、

良く知らない人に対して行き過ぎたぐらいの馴れ馴れしさがある場合や、

愛着する対象人物選びができないという状況におかれる心理状態があると言われています。

 

例えば両親に対しての愛着などがほとんどなく、

さらには社交的な喜びや探求心がほとんどない状態や、

ほとんど知らない人に対して近づくなどの年齢に相応しい注意深さの欠如、

情緒不安定な面が見られ、これらは選択的な愛着を持たない障害と言われいます。

 

また、特定の愛着対象を持ってはいるが、親などがいる時に、

見知らぬ人がいると情緒が制限されて親などに不安げにしがみついたり、

自分自身を危険にさらしやすいなどの特徴を持っています。

 

医学的には様々な型があると言われており、一般にこれを判断するのは極めて難しいので、

精神科などの医師のもとで適切な診断を受ける必要があり、

安易に愛着障害かもしれないと思い込むこと等は危険です。

 

最近では5歳以降10代などになってからこの愛着障害が発見される人も増えており、

苦しむ結果となっている方もいるので、少しでもそのような事が疑わしい場合には、

子供でなくても専門医師の元を訪れ、的確な診断、治療を受ける必要があり、

子供であれば、適切な愛情などを受けることで治るパターンもあります。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL