物だけでなく人に対しても強いこだわりを持つ息子

3歳の息子は発達障害。ママ大好きな子です。

「男の子はママが大好きなんだよ」

みんな口をそろえてそう言います。

しかし息子の「好き」はレベルが違います。

むしろ日常生活で抱える不安を解消するために私に「依存」しているようにも見えます。

 

発達障害を抱えるお子さんの多くに見られるこだわり。

私の息子もあります。

毎日同じ手順で朝起きてから幼稚園に行くまで過ごさないと気が済まない。

出かける時間が変更になったりすると「何したらいいの!?」

とパニックになり髪の毛を抜いて癇癪が始まります。

 

遊び方も独特で、3歳にして自分の好きな駅の線路の形を再現し、

その駅に合わせたアナウンスを完全コピーで再現しながら遊びます。

その間誰かがおもちゃを触ろうものならとたんにまたパニックです。

彼は自分の世界を壊されるのがとても怖いのです。

 

息子のこだわりの困った点は物に対してだけではなく「人を巻き込んでのこだわり」になること。

私に対しては常に機嫌よく笑っていなければなりません。

私が誰か他の人と話すと怒鳴ります。

その相手が例え夫であっても「息子が話してよい」と認めた人でないとすぐに怒鳴ってしまいます。

 

他の子供が転んだのを見ただけで癇癪。

私は息子だけをみる事を強要され続けているのです。

 

特に自宅にいるときにはそのこだわりが強く

「遊んでるところ見てて!顔はこっち。

おめめはここをみて。ちゃんとここに座って。

もっと可愛い声で話して。横になってはダメ」

とにかくいろんなことを強要してきます。

要望に答えないとパニック、もちろん勝手にトイレに行くことも許されません。

 

私に対しては自分を見て欲しいと常にこだわりを持っている息子ですが、

夫に対しては真逆で「自分をみられたくない」と思っているようです。

夫と息子は目が合うだけでNG。

夕食中、仕事から帰ってきた夫が息子の横に立つだけでも「とーちゃんはあっちいって!」と怒鳴ります。

なにか話しかけられても調子のよいときはシカト、

ダメなときは泣き叫びながら部屋の隅に逃げたりします。

 

このこだわりは家族だけではありません。

療育先の職員や同じ年くらいの子供にも表れます。

療育先の職員が他の子供に話しかけてもやはり怒鳴るようです。

特に子供に対するこだわりは酷く、話しかけられて反応する時もありますが、

特定の子に話しかけられると相手を空気のように扱います。

 

人に対するこだわりの強さは日常生活での不安を解消するために起こっているのだと思います。

今は完璧に決定権を誤解する子になってしまいました。

 

日常の不安は発達障害特有の認知の歪みからきているものがほとんどです。

ただ安心させるのではなく「一度起こった悪いことは何度もおきるものではない」

という認知の根本からアプローチしなければ改善できないのではと思います。

息子の人に対するこだわりはまだまだ解消しそうにありません。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL