高齢出産による発達障害

近年女性は例年に比べて結婚をしない傾向にあります。

さらに先進国の間では晩婚化が広がっている傾向にあります。

日本でもなかなか結婚しない人が多いと言われています。

 

栄養状態が良く健康なほうが多いので、

35歳以上の妊娠出産は以前に比べて

大きく騒がれることも少なくなってきました。

しかしリスクが大きいと言うことは問題ありません。

それらの発生率が増加しても異常に発生率が上がるわけではなく心配する必要はありません。

 

ただし高齢出産にともなう発達障害のリスクとしっかりと向き合うことが大切なことになります。

数字的に見ても35歳以上の出産になると、先天異常の発症率が高くなるのは事実です。

また、高齢出産には妊娠中毒症と言うリスクが伴い、

高血圧やむくみと言ったいずれかの1つの症状が出現したりする確率が高くなります。

 

これらを防ぐためには、早期発見をして解決するとともに食事や栄養の改善、

体重管理にも注意が必要になります。

 

ちなみに一般的に女性の妊娠力が低下する傾向にあるのが33歳以降と言われています。

そして37歳を越えると急激に妊娠力が低下すると言われているので

その中で子どもを授かると言うのは奇跡に近いといっていいでしょう。

 

栄養療法を行い、自分自身の体のコンディションが

良い方向にもって行きながら妊娠出産をするのが望ましいです。

女性は自分自身を大切にして神経質にならずに自分を大切にすることが

高齢出産の際に一番大切なことになると思います。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL