水銀による発達障害

水銀の有毒性があることは多くの人に知られています。

特に発達障害が起きることがわかっています。

妊婦が水銀を摂取することで、このような障害が起きると言われています。

 

水銀を摂取する原因ですが、汚染された魚を食べることで起こると言われています。

工場排水などに水銀が含まれている場合、魚が食べてしまいその魚の体内に残ってしまいます。

そういった魚を食べたことで、多くの障害児が以前は多く生まれたこともありました。

今では、そういった公害も改善されてそういった事例もほとんど無くなりました。

 

しかし、現在でも食品にわずかに水銀が含まれていることがあります。

そういったものを摂取することで、発達障害の子供が生まれてしまうことがあります。

そういったことを防ぐためにもできるため、化学物質が含まれていない食品を食べる必要があります。

安全な食品を食べることで、発達障害を防ぐことができます。

 

発達障害は普通は直ることがありませんので、かなりの注意が必要です。

発達障害には様々な症状がありますが、主な症状は自閉症です。

それ以外にもアスペルガー症候群というものもあります。

どちらもコミュニケーションをうまくできない障害です。

 

それ以外の病気では、言語障害などがあります。

普通であれば問題なく会話ができる年齢になってもなかなか話せないという例が多いです。

どちらの障害でも、社会生活を送っていく上でハンデになる場合があります。

今は、薬で治療ができる場合もあります。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL