ADHDの子供の学校での居場所

ADHD、注意欠如多動性障害の子供についてです。

わが子は家では困っていません。

しかしひとたび学校へ出ると問題行動のオンパレードになります。

 

朝、まっすぐに登校出来なくて、友達にちょっかいを出してしまいます。

先生に挨拶されて、最初は恥ずかしくて照れくさくて言えなかったけど、

訓練させてやっとの思いで言えるようになりました。

 

勉強も出来るけど、授業中は体が動いてしまいます。

返事は一回で良いのに、何回も言ったり、手をあげて毎回指されたくて、何回も手をあげてしまいます。

そのたびに先生にさっき一回あげたでしょう?と言われてしまいます。

落ち着きが無いし言うことを聞かないわが子に先生は、毎日イラつきます。

 

最初の担任は酷かったです。

お子さんはここの教室に居るのはつらいんじゃないかしら?と電話越しでまくし立てるように言われました。

私はショックのあまり、寝込みました。

 

幼稚園でも保育園でも、元気なお子さんですよ。

障害なんてお母さん思い過ごしじゃないかしら?と言われてしましたから。

 

小学校でやっとの思いで診断されて、学校との戦いの日々です。

今は学校とは仲良くやってますが、かれこれ3年以上かかったでしょうか。

 

一度子供が宿題を2時間もかけてやってきたのに、提出するのを忘れて、

先生が忘れたんでしょう?と怒りました。

子供は昨日一生懸命やってきたのに分かって貰えない悔しさから、教室を飛び出してしまいました。

壁を蹴ってしまいました。

その時に止めに入った先生が、子供を叩いてしまいます。

そして夕方に謝りの電話がありました。

子供のほっぺたは腫れていました。先生はずるいです。

腫れているほど叩いたとは言ってませんでした。

 

やっぱり学校へ行って先生と話そうと思いました。

旦那も連れて行きました。

やった先生は謝ってくれましたが、なんと言い訳の長いことでしょう。

いつも子供同士の喧嘩には偉そうにしているくせにです。

校長や教頭先生からも謝罪の言葉がありました。

母親としたら涙が止まらない出来事です。

 

でもこれは序曲でこれからも色々な事があるのでしょう。

最初は学校は敵だと思ってましたが、時代は変わってきました。

学校側から話し合いをしたいと合理的配慮について話したいと言われました。

結論を言えば協力して子供を育てていこうと言う事でした。

 

これからも親は学校での居場所作りを頑張ります。

大変だけどへこたれずひがます頑張るしかないんだと思います。

皆さん頑張りましょう。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL