発達障害の子どもたちがよりよく暮らすために願うこと

私は、多くの発達障害を持ったお子さんや親御さんにお会いしたことがあります。

自分の子どもが発達障害であることを受容できない親御さんをたくさん見てきました。

そこで、親御さんが発達障害を認めないがために、

子どもたちが大変な目にあっているところもたくさん見てきました。

やはり、子どもたちは自分たちで様々なことを決断できる立場になく、

親御さんの判断によって決められてしまうことがほとんどです。

 

確かに、親御さんとしては「何でうちの子が」という思いや、

「頑張れば普通の子たちに追いつく」など、様々な複雑な気持ちになることも理解出来ます。

また、世間体を気にされる親御さんも多く見られます。

けれど、親御さんの間違った判断によって、

今後の子どもたちの運命が変わってしまうことがあることに気が付いて欲しいなと思います。

 

もし、早い段階で子どもたちの発達障害に気が付いた場合、ある程度対処することもできます。

発達障害を治すことはできませんが、できることを増やしたり、伸ばして行くことができます。

できることを増やしたり、伸ばしたりするには、なるべく早い段階から介入する方がよいと言われています。

 

大きくなってしまうと、そういう施設に通うことさえも恥ずかしくなることもありますし、

「何でそんなところに通わなくてはいけないのか」という思いも出てくるお子さんもおられると思います。

ですので、早いに越したことはありません。

 

私の見てきた子どもたちの中で、「何でこの子が地域の学校に行っているの?」と不思議に思うことがあります。

明らかに親御さんが障害を認めずにそのようにしているようです。

地域の学校に行って、その子を伸ばすことを出来る部分もあると思います。

けれども、地域の学校では発達障害のある子どもたちへの対処はある程度限界があると思います。

本当に子どもたちのことを考えるのなら、特別支援学校に行く方がよいのではないかと思うお子さんもいます。

 

発達障害だからといって全員が特別支援学校に行く必要はないと思います。

けれども、鉛筆も持てない、話も出来ない、

ほとんど何も理解出来ていないような状態のお子さんを地域の学校に行かせることは

子どもたちにとっても、学校に通うことが大変なことだと思います。

 

今、目の前の事ではなく、子どもたちが今後生きて行く上で、

「今どうすることが必要なのか」をしっかり考えていただきたいなと思います。

子どもたちの人生が少しでもよいものになることを願っています。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL