息子の小学校選び

私の息子は、実年齢より一歳半くらい遅れています。

幼稚園は、たまたま近くの園で理解のあるところだったので入れていただき、

みんなよりは遅れていましたが、彼なりに楽しく通えました。

 

ただ、先生方にはいろいろ配慮していただくことが多かったので、

お手数をかけましたが、彼なりにできることも増えて成長できたと思い、親子で喜んでいました。

 

ところが、小学校をどうするか、という問題に直面をするのです。

近くの小学校には特別支援級もあるので、

このまま地域のみなさんに見守っていただきながら、と考えて、教育委員会に申請をしました。

そしたら、特別支援学校が妥当ではないか、という回答でした。

 

どうしてかというと、精神的な遅れが支援級の学習内容についていけないのではないか、

パニックをおこす恐れのあるお子さんは

支援級では安全に生活させる保障が持てないというものでした。

 

パニックもしょっちゅうではないのですが、

自分の決めたルーティーンが少しでも違うとパニックをおこし、大騒ぎになります。

それは指摘されるかなと思いましたが、

そのルーティーンも一度決めたことがいろいろな事情で変えなくてならなくなったら、

納得させる方法があるのですが、そこはなかなか理解してもらえませんでした。

 

さて、どうしようということになり、いろいろな方と話をし、

この子にとってどの選択が幸せなのかということを考えました。

 

地域の学校に通えるのならそれが一番いいなとも思いますし、

逆にうちの子がいることで学校にご迷惑がかかるのはとても心苦しいし、

となかなか答えがでないでいました。

 

そんなある日、支援学校の見学会の案内をいただき、

あまり気がすすまなかったのですが、行ってみることにしました。

そしたら、先生の数もたくさんいて、ほとんどマンツーマンに近い状況で手厚くてもらっていて、

何より先生方が熱意を持って子供たちとむきあっている姿に感動をして帰ってきました。

 

先生ともお話をさせてもらい、その中で「普通に地域の学校に通えるのが一番ですが、

そこでさみしい思いをさせてしまうこともあるんですよ」というお言葉があり、

なんとなく今まで凝り固まっていた気持ちがすっと溶けた気がしました。

 

専門家が見て特殊学校がいいというならそうしようと考え直して、

今は元気にこの子にあった教育をしていただき、通っています。

刺激のあるお友だちが少なく、先生としか深いかかわりが持てないところが気になりますが、

何か将来に向けて技術的なものがみにつくといいかなと期待しています。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL