中学校に入って「発達障害の疑い」と言われ、困惑気味のお父さんお母さんへ

教育関係の仕事に就いております。

発達障害があると疑われる子どもでも、

学校から「あなたの息子(娘)さんは発達障害の疑いがありますので、

専門医を受診してみてください」と、ハッキリ伝えることはほとんどないのが現状です。

 

保護者の方の心情に配慮しながら、学校での様子をお伝えし、

保護者の理解を促し納得して頂く過程を重要視し、

ゆっくりと進めていくのが定石だと思います。

 

発達障害の程度にもよりますが、軽度の場合、小学校では先生方でも

「病院受診する程でもない」と捉えられている場合があります。

何故なら、大きなトラブルになる事が少ないのです。

周りの友達は本人の特性についてある程度理解しており、

「この子はこういう子だから」と子どもなりに上手に順応しています。

 

また、小学校は担任の先生がしっかりと見てくれています。

トラブルにならなさそうな席への配慮、上手な声掛け等、

色々な所に担任のフォローが入っているのです。

本人もその環境の中で過ごしているのが当たり前で、

少し目には付くけれども、病院までは必要ないと捉えられることが多いのです。

ただ、そのようなグレーゾーンにいる子どもが、中学校に入り不登校になる事があります。

 

まず、環境の変化が大きい事です。

今まで自分の特性を理解してくれている友達ばかりではなく、

いくつかの小学校がひとつの中学校になる場合。

中学生といえどもやはり子どもなので、トラブルに発展する場合があります。

 

また、教科担任制となることで本人に合った対応を全ての先生が行う事が難しくなることです。

先生とのやり取りで嫌な想いを持ち、不登校に繋がる場合もあるのです。

そのような事態になってから、医療受診を勧められたとしても

保護者としては受け入れられない場合があります。

 

「小学校では上手くできていた」

「小学校ではそんなことを言われたことは無い」

「小学校の先生には懐いていたのに、中学校の先生の対応が悪いんじゃないか」

…このような思いが交錯し、受け入れられないのだと思います。

 

もしかしたら、親としては「発達障害かもしれない」

という事の受け入れができないかもしれません。

でも、子どもが困っていることは事実なのです。

その状態が好転するかもしれないならば、是非、医療受診してみて下さい。

 

そして関係者に相談をしてみて下さい。

先生方だけではない、学校内にもスクールカウンセラーや

スクールソーシャルワーカー等の相談できる人達もいます。

病院の医療従事者の人達も親身に相談に乗ってくれるはずです。

子どもが社会で生き抜くために、今できることをしてあげてほしいと思います。

 

今、自分で自身の特性を知り、得意不得意が理解出来れば、

今後の生活はかなり楽になるはずです。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL