発達障害者の仕事

発達障害者でも、仕事をして自分の給料は自分で稼ぎ、

能力を発揮して社会に貢献する。

これは非常に大事なことです。

しかし、それにはちょっとしたコツが必要です。

 

まず最初に、

・自分が今できていること

・ちょっと頑張ってできるようにすること

・周りに助けを求めること

を支援機関や就労移行支援と相談しながら整理してみましょう。

 

私の場合は、障害受容が不十分な状態で障害者職業センターに相談しましたが、

3か月ほどの準備講座に通いそれらを把握し、定期的に目標を立てながらトレーニングしました。

その結果、一つのことに集中するともう一方を忘れてしまいやすいことや

自己判断で動いてしまうことを知りました。

 

準備講座は特性の把握だけでなく、

「朝起きていくところがあり、仲間のいる生活をする」体験ができ、

孤立しがちな求職者にとっては就職意欲の低下防止に役立ち、本当に助かりました。

 

そして、その結果をもとにどんな仕事が私に向いているかな?

ということを支援スタッフと相談の上探してみましょう。

一人で頑張ると大変です。必ず支援機関の助けを借りましょう。

 

私の場合は、障害者職業センターさんが、

「何かいい求人があったら一晩考えたうえで持ち込んでごらん。

そして、OKが出たら応募してごらん。」といわれました。

 

応募するといよいよ面接です。

面接のとき、就労支援機関の職員などが同席していても、面接官が見るのはあなたです。

「~という苦手なことがありますが、~するなどしてちょっと頑張ってみようと思います」

とやる気を伝えることが大切です。

 

職場によっては、雇用契約を結ぶ前に就労体験をさせていただけることがあります。

ジョブコーチ支援を行う場合、事前に本人や家族への説明・職場への書類手続きがあります。

 

私の場合、就労体験の時にジョブコーチが入っていただき、

私が職場になれるためのサポートをしてくださり助かりました。

就労体験の評価が良好だと、いよいよ試用期間(トライアル雇用を使うこともある)です。

仕事が合う、会わない、職場環境になじめる、なじめないを会社もあなたも見極める期間です。

ジョブコーチとも定期的に相談しながら本採用に向けて頑張りましょう。

 

この期間は給料も支給されます。

責任を持った仕事をしましょう。

私の場合、初月給でバイキングを食べに行き、

「給料を上手に使って暮らしを楽しむことは大切なんだ」と思いました。

また、他人の気持ちや物事の結果を考えることの苦手をわきまえ、適切な言動をすることも必要です。

 

会社で何かおかしい、と思ったことがあれば、まず上司に相談しましょう。

こういう時、就労支援機関は役に立ちます。

 

試用期間を無事に過ごせばいよいよ本採用!晴れて会社のなかまです。

支援機関によっては、在職者のための学習会や交流会を実施しているところもあります。

こういう機会は余暇の過ごし方のヒントにもなりますね。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL