発達障害を理解することの大切さ

発達障害とは、表からは見えにくい障害です。

そのため、家族や、妻や夫、恋人などの理解が大切になります。

 

発達障害だと医師から認定を受けた場合にはもちろんですが、

認定は受けていなくても、明らかに本人が生活しづらいような場合にも、

上に挙げたような親しい人間が、本人の苦労に一日でも早く気づいてやれるかどうかが、

本人の一生の幸せを左右するといっても過言ではありません。

 

発達障害を抱える本人は、例えば、スケジュールの管理ができないといった生きづらさを抱えています。

学生時代には、年度初めに決められた時間割や学校のスケジュールに沿って

年間の学生生活を送っていくため、本人に掛かる負担は、まだ少ないと判断できます。

 

しかし、社会人になると、一年を通して、自己判断でその日の仕事内容のスケジュールを調整したり、

同僚とのミーティングで役割分担を決めたりといった、

変化の多い時間軸の中での生社会人生活が繰り返されていきます。

 

度重なる失敗で、他者からの信頼を失ってしまった場合でも、

学生であれば、本人が単位を落とすなどの結果となりますが、

社会人であった場合には、勤務先の取引先にまで、良くない影響を及ぼしてしまうことも考えられます。

 

また、社内の人事の査定でも、早々に自己管理能力を問われてしまうなど、

実力を十分出すまでに、本人か自信を喪失してしてしまうことになりかねません。

 

自分の手帳を持っている場合でも、

会社で、「何日の何時にどこで会議」などの連絡を受けてから、

手帳に書くまでにその日時を忘れてしまったり、

手帳そのものを紛失してしまったり、せっかく書き留めても、

どこの記載をしたのかを思い出さなくなったりということが起きてしまいます。

 

ですから親しい立場の人間が具体的に取る策としては、

「何か、会社で言われた予定はない?」「用意しておくべきことはない?」と、

本人に聞く習慣を持つことが大切です。

その回答をすぐさまカレンダーなどに記載し、当日が近づくまでに、

じゅうぶんな準備ができるように本人を促してやります。

 

発達障害というと、何かハンディのように捉えられる傾向が日本では感じられますが、

そういったマイナスの面ばかりではありません。

驚くほどの集中力や、記憶力を持った人も多くいますし、

状況や、相手の本心を読む力が圧倒的に優れている場合もあります。

周囲の配慮で静かな環境に身を置く時間さへ守られれば、

文章の構成力に並はずれた才能を発揮する人もいます。

 

現在の日本でも、大きな会社では、こういった発達障害を持つ人の持つ優れた能力を活かす方向で、

既に社内に活発な動きがみられます。

しかしながら、現実には、そういった恵まれた組織環境が、まだ、発展の途中である会社がほとんどです。

そのため、家族などの親しい人間が、積極的に本人の苦労する部分を、補うことが求められます。

 

発達障害と、「障害」の文字はついていますが、

丁寧に本人と本気で関わると、どういった個性が、ずば抜けている長所であるかを

発見できるケースがほとんどです。

スケジュールや、お金の管理など、一般的な人々ができることができない、というだけの理由で、

本人が生きる自信や希望を見失わないようにフォローすることが肝心です。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL