発達障害の子の進路について

自分が子供の頃には聞いたことのない「発達障害」という言葉を私が初めて聞いたのは、

自分の子供が小学校に上がった頃でした。

 

一括りに「発達障害」といっても様々な症状があり、

一見健常児と全く見分けがつかないので最初はどう違うのかわかりませんでした。

が、学校生活を何年か送らせているうちに子供の学年どころか

どの学年にもほぼ必ずいるといわれる「発達障害児」は珍しくもなくなってきました。

 

自分の子供と仲良くさせてもらっているクラスの子も実はそうなのだ、

と打ち明けられたことも何度もありました。

その場合、学級懇談などでその子の母親は

「発達障害児」なことを打ち明け、症状を説明し、

何かあったときもどうかそういう子だから何分ご理解を、

と最初から頭を深く下げて来ていました。

 

幼少期は男の子に多く症状がみられ、遺伝しやすいため、

両親もどちらかグレーゾーンだというのもその頃わかり、

自分の子も似たような症状が出ると検査に行った方がいいのかと思いました。

 

特別支援学級か通常学級か、病院に訓練しに行った方がいいのか、

担任の先生や付き添いの先生とどういう対処を取ったらいいかなど、

いろいろ手探りで探したり、相談しに行ったりでかなり悩まれて大変そうでした。

 

昔のように「落ち着きのない、協調性のない、変な子」

等という対応をしている学校は殆どなく学校の方でも昔のようにほったらかしにせず、

かなり「発達障害」について先生たちも注意を払うようになっていました。

 

問題は義務教育を終えた後でした。

高等学校にはほとんど「発達障害」の生徒への支援がなかったようですが、

最近になって徐々に高等学校でも対応するようになってきたと新聞で読み、良かったと思います。

 

しかし、大学へ進学か、就職かという時にまたしても壁にぶつかります。

「発達障害」の子たちは知能が高い子もいるので、現役で国公立に入る子も結構います。

しかし、通常の勉強方法では単位が取れず、留年したりしてしまうのです。

学校にいる間にレポートなどを仕上げないと、家に帰ってからは一切できないなど、

大学の学生課などでもフォローが必要な学生が必ずいるのです。

 

就職活動は通常の学生でも大変なものですが、発達障害者の学生はもっと苦しみます。

筆記試験は通っても、面接などのコミュニケーションを問われる試験になるともうどこにいっても不合格です。

何か一つの話題を振られると

(例えば自分の学生時代に研究したことについて、

何が得意かなどの話題)最初から最後までそのことしか話せないで終わり、

面接官を面食らわせてしまうようです。

 

結局、自分の得意分野の研究職や、司書などの適材適所に収まる学生はいい方で、

就職浪人もありえるのです。

学生生活の総決算ともいえる就職活動でも、

特に発達障害者は自分に何が適しているのか、

社会に貢献できることは何なのか早めに見つけ、

周りもそれを認めてあげなければいつまでも独り立ちできません。

 

この適材適所というのはうまく当てはまれば通常の人よりも遥かにすごい才能を発揮できるものですが、

そうでなければお互い不幸なことになります。

彼らを支える行政機関や民間会社の支援体制を早く整えてほしいと思います。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL