発達障害とジョブコーチ

発達障害の方が就職するとき、専門支援機関を通して就職すると

ジョブコーチをつけていただける場合があります。

今日はそのジョブコーチについて説明します。

 

ジョブコーチとは、職場適応援助者ともいい、障害のある方・会社の方・家族の方に対し、

仕事のことや職場での過ごし方などについて第三者的に相談に乗り、

職場適応に向けた社内の支援体制づくりを指導される専門家です。

1986年にアメリカで援助付き雇用として初めて制度化され、1980年代末に日本に伝わりました。

 

2002年から厚生労働省で知的障害者や精神障害者に対してのジョブコーチ支援制度が始まりました。

これは、ジョブコーチが職場を訪問して本人を直接支援すると同時に、

会社の皆さん(雇い主・上司・同僚・部下)や障害者の家族に対し、

職場での課題(職場適応・職業生活の安定・職場復帰など)に対し

第三者的な立場で相談・助言・指導を行う仕組みだそうです。

 

本人に対しては、人間関係やコミュニケーション(挨拶・報告・職場内マナーなど)

・基本的労働習慣(健康管理や生活リズムの構築・職場のルールを守るなど)

・仕事への適応・通勤・社会生活技能や余暇活動

などについての悩みの相談にのり、指導していただけます。

 

会社の方には、障がい特性やそれに対する配慮事項についての説明

・配置や仕事の決め方について

・社内で障害をどのように理解してもらえばいいか、

障害者への仕事の教え方やコミュニケーション

・家族との連携体制づくりについてのアドバイスをしてくださいます。

 

家族に対しては、安定した職業生活を送るための家族のかかわり方、

家族と会社の連携体制づくりについて助言していただけます。

 

 

ジョブコーチには、次の3つのタイプがあるそうです。

1・障害者職業センターに所属する「配置型ジョブコーチ」

発達障害などで就職困難な方の重点支援のほか、

第一号・第二号ジョブコーチと連携して支援を行う場合は、彼らに必要な助言や援助を行います。

私の場合はカウンセラーさんがジョブコーチを担当されました。

大事なことは紙に書いていただいて教えていただけたのを今でも覚えています。

 

2・民間の社会福祉法人などに所属するジョブコーチ(第一号職場適応援助者)

福祉施設を利用されている方が就職する際、職場に施設の方が出向かれるケースです。

厚生労働省の定める所定の講習を受講することなど一定の条件が必要です。

ご本人さんをよく知る施設の方が職場で支援していただける、という安心感があるかと思います。

 

3・職場のジョブコーチ(第二号職場適応援助者)

障害者を雇用する企業の従業員がジョブコーチをされるケースです。

厚生労働省の定める所定の講習を受講することなど一定の条件が必要です。

職場内でサポート体制が整っているという安心感があることが考えられます。

ジョブコーチの活動時期の区分アセスメントや職場開拓・ジョブマッチングなど、

障害者と職場との相談を通して双方の合意を得たうえで支援を開始します。

 

職場実習前、雇用時、雇用後に問題が生じたときのどの時期でも支援が受けられます。

1・集中支援期

不適応課題を把握し、集中的に支援。

一番こまめに訪問していただける時期です。

この時期は、何が本人の職場適応を邪魔しているかをつかみ、集中的に支援する時期です。

具体的には、職場のルールやマナーの把握、仕事の把握、

コミュニケーションなどについて集中的に支援する時期です。

 

2・移行支援期

集中支援期に把握した課題に基づき、職場で支援体制づくりに移行する時期です。

ジョブコーチの支援を徐々に減らし、職場内での自然なサポート体制づくり、

キーパーソンの育成、支援方法を職場の上司や同僚におしえるなどして、

ジョブコーチがいなくても安定して働けることを目指していきます。

 

3・フォローアップ期

移行支援終了後、必要に応じて職場を訪問し、相談に応じていただける時期のことです。

発達障害の場合、マニュアルの作成・感覚過敏への対応・コミュニケーション・

対人関係・指示の仕方など配慮を要することがいっぱいあります。

 

ジョブコーチを活用して支援を受けながら働くのも一つの方法です。

お近くのハローワークまたは利用されている施設に相談されてはいかがでしょうか?


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL