特異的発達障害とは

特異的発達障害とは

言葉の遅れや、他の人と意思疎通が上手くできない、

一つの行動を繰り返し行うなどの特徴があります。

 

単に発達が遅れているのでななく

広汎な領域にわたり脳の機能に不均等な偏りがあり、

視覚的なことや具体的なこと、

もしくは規則や法則がはっきりしていることを扱うのに、

優れた能力を持っています。

 

その反面、人の気持ちのように見えないものに対して、

想像力を働かせて人を思いやるというようなことは苦手とします。

そのため場の空気が読めないことが多く、

冗談や比喩が分からず友人関係や集団への適応には、

大きな混乱や戸惑いを感じています。

 

幼少期には鬼ごっこやかくれんぼなどの遊びに興じることは、

ほとんどありません。

一方で、幼少期から文字を覚えるのが早い子供もいます。

ジグソーパズルやブロック遊びも上手で、

早くから恐竜や鉄道などの図鑑に興味を示し視覚的、

具体的な知識や記憶力に頭角を現す子供もいます。

 

こうした子供は一般に狭い範囲に強い関心や興味、

認識を示すことが多く、一芸に秀でたり

高度な専門家などになる資質を持っていますが、

同時に複数の情報を処理したり機能を発揮することが苦手です。

 

例えばトランポリンで飛び跳ねることは得意でも、

縄跳びのように手足を同時に働かせる運動は下手です。

教科書を読み知識を持つことは得意でも、

話し言葉による講義を聞き続けることや、

受講しながらノートをとることが非常に困難という人は少なくないのです。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL