チック症

目をパチパチとしたり、顔の一部が瞬間的にピクッと動く、

といった症状をチック症といいます。

これらは自分の意思とは無関係に出現する症状です。

 

ADHDや、広汎性発達障害に併発することがよくあります。

 

一番多いのは一過性のチック症です。

これは、だいたい就学前に始まり、1年以内に消えます

軽症なものも含めると、子どもの5人に1人が当てはまるといいます。

 

しかし、一部はその後もチックが持続し、1年以上にわたり、

複数のチックが持続することを、トゥレット障害といいます。

 

チックは最初は目、顔、首などから始まり、しだいに腕や身体、足や下の方に下がっていき、

症状が軽減する時は反対に下の方から症状が消えていきます。

また、臭いをかぐような動作をしたり、物をさわる、鼻をかくなど、

「一見、目的があるような行動」をすることもあります。

 

また音声のチックもあり、咳払いや舌打ち、鼻をクンクンならす、

アーアー、フンフンなどと声が出たり、「アッ、ホー」などと奇声を発したりします。

人が言ったことや自分が言ったことを繰り返すケースもあります。

 

チックは強い心理的緊張や緊張からの開放、感情の高ぶりで強まりますし、

機械的で単純作業をしているときや睡眠中は軽減します。

 

親が気にしたり注意したりすると、子どもも敏感になり、ますます症状が強くなることがあります。

しかしチック症は大人になるにつれ、自然治癒することが多いものです。

親は神経質にならないことが大切です。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL