発達障害の説明

発達障害とは人間が幼児から大人へと

成長をしていくという過程において、

精神的な発達などにおいて

なんらかの理由によって障害を起こすということを指します。

 

このようなものとしてはおもに自閉症や学習障害、

多動性障害などをあげることができます。

このようなもののなかで自閉症と呼ばれているものについては

とくに誤解をされていることが多い病気であるといわれています。

 

自閉症について誤解がされているいちばんのことは、

後天的な原因により人間関係を忌避するようになってしまうケースと

混同をされていることが多いということです。

 

子どもが学校などで嫌な思いを経験することにより、

人間関係を避けるようになることと、自閉症の子どもはまったく別のものです。

自閉症の子どもの場合は、そのような社会的な要因によらず、

先天的に他人とコミュニケーションを避けるというような症状があります。

 

このような自閉症のひとつの種類として認識されている

発達障害のひとつにアスペルガー症候群というものがあります。

このアスペルガー症候群が発達障害とされるには理由があります。

それはこのような症状を持つ子どもに特有の精神状態があるからです。

 

アスペルガー症候群と診断される子どもには

ある特定の分野のことにしか興味を示さないという傾向が多いとされます。

ですから興味のない分野では学習障害が生じます。

 

このような種類の発達障害の芸能人や有名人には

映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏などがいます。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL